« 2012年7月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年9月の記事

2012/09/30

『ナイトランド』第3号と那智史郎

 今春、衝撃的に創刊された海外ホラー&ファンタジー専門誌『ナイトランド』も、気がつけばもう3号目。当初はクトゥルー神話中心だった翻訳小説の掲載作が、号を重ねるほどに幅を広げていっているのは喜ばしい限りである。しかし、私にとって今号の目玉は、昨年夏に亡くなったホラー翻訳・研究家那智史郎を偲ぶ2つの記事であった。1つは笹川吉晴が那智の業績を詳述した「向こう側の世界へ――夕ぐれの散歩者」、もう1つは朝松健が那智との交流を振り返った回想録「那智史郎さんのこと」。レイ・ブラッドベリの追悼特集に添えるかのように載せられているのだが、おそらく今後とも他誌ではこれだけ大きく那智史郎のことを取り上げるたりしないだろうし、いっそのことブラッドベリなんて超メジャー作家は他誌に任せておいて、大々的に那智史郎追悼特集をぶちあげてもよかったのではないか。

 那智史郎というと、クトゥルー神話と『ウィアード・テールズ』系パルプホラーの邦訳紹介者という認識が一般的であろう。私も彼の名を知ったのは、国書刊行会のアンソロジー『真ク・リトル・リトル神話大系』第1、2巻(1982)によってであった。当時高校生であった私はこれらによってその後の読書傾向を決定づけられたようなもので、それから大学時代にかけては文字通りのクトゥルー漬け。大学のサークルのたまり場で、買ったばかりの『真クリ』シリーズの続刊を広げていて、ある女性の先輩に「そんなものにお金をつぎ込むぐらいなら、『世界幻想文学大系』でも買えば?」と、言われたこともあった。

 知名度では『真ク・リトル・リトル神話大系』全10巻に譲るものの、書物としての完成度では『ウィアード・テールズ』全5巻(1984-85,国書刊行会)もすばらしかった。作品の邦訳にとどまらず、パルプマガジンの実物を手にした瞬間の感動を少しでも分かち合いたいという趣旨で、判型・装丁に挿し絵や広告まで再現してしまったという、ある意味究極というべきアンソロジーである。前記の朝松健の回想によると「世間的には全く評価されなかった」とのことだが、私は熱狂した。

 かように私に多大な影響を及ぼした『真ク・リトル・リトル神話大系』シリーズだったが、ただ一つ納得できないところがあった。「白蛾」と号の入った那智史郎による挿し絵である。当時でも商業出版ではおよそあり得ないような古めかしく泥臭い画風で、学生にとっては高価で贅沢な箱入りのがっしりしたハードカバー本を飾るにしては、あまりにも稚拙に思われたのである。不満というよりも、「どうしてこんな絵を付けるのだろう?」とただただ不思議でならなかった。

 その疑問は後年、思わぬところで氷解した。『日本幻想作家事典』の作業のために国産幻想映画・ドラマに関する資料を漁っていた私は、またもや那智史郎に導かれることになった。戦後間もない時期の大映の現代スリラー路線を包括的に語った『大映戦慄篇 昭和二十年代探偵スリラー映画』(2003,ワイズ出版)[Amazon]と、劇場版『笛吹童子』に始まる東映の連続活劇映画「娯楽版」シリーズを論じた『東映娯楽版コレクション 戦慄と冒険の映画王国』(1999,ワイズ出版)[Amazon]の2冊である。前者はそれまでほとんど時代劇ばかりだった国産ホラー映画が現代物に乗り出すきっかけとなり、後者は時代劇の伝統から後の特撮変身ヒーロー物を生み出す母体となったシリーズである。ともに国産幻想映画史上きわめて重要な位置を占めるものであるはずなのに、これまで日本の映画史研究ではほとんど無視され続けてきた。それぞれを映画史上の一つの潮流として捉えて本格的に紹介したのは、おそらくこれらの那智史郎による研究が初めてだったのではないか。私は「あの那智史郎がこんな仕事もしているとは」と意外に思いつつも、その慧眼に大いに啓発された。

 大映の現代スリラー路線や東映娯楽版が映画史研究で冷遇されてきた理由は、はっきりいってしまえば個々の作品の質があまり高くないからである。語るに値しないものだと見なされたのだ。那智史郎にしても、これらを名作と持ち上げているわけではない。ここはちょっと……などとあれこれ文句を付けつつも、愛すべきB級作品として紹介しているのである。上記二著には映画公開時の広告がふんだんに掲載されており、特に大映現代スリラー映画の広告は、時代が近いせいもあって那智が邦訳紹介したパルプ・マガジンの誌面に似通った、バタ臭くどろどろした雰囲気がある。そういえば、嵐寛寿郎が幽霊となって宙を飛ぶ『白髪鬼』(1949)といい、ゴリラに噛まれた岡穣二が獣人と化す『鉄の爪』(1951)といい、大映の現代ホラー映画のバタ臭く荒削りな味わいは、日本の伝統的な怪談と隔絶しているのみならず後の国産現代ホラーにも見られないもので、パルプホラーのそれに近しいといえるのではないか。

 ここに至って、私はようやく気づいた。那智史郎が『真ク・リトル・リトル神話大系』に付した自筆画は、こうした味わいに対するこだわりを意図的に表現しようとしていたのだと。那智にとって、パルプホラーを飾るのは、現代風に洗練されたイラストではだめなのであり、懐かしくも泥臭いイラストこそがふさわしい。装丁と誌面を完全再現しようとした『ウィアード・テールズ』全5巻にしても、そうした那智史郎のこだわりの結晶だったのだ。

『ナイトランド』第3号に朝松健が寄せた「那智史郎さんのこと」には、90年代末に国産ホラー小説をジャンルとして確立させようとしていた朝松健に対し、那智史郎が「今のホラー小説はつまらない」とこぼしたというエピソードが紹介されている。当然、朝松はそんなことはないと反論したのだが、那智はそれに対しては反駁せず、それきりになってしまったという。このくだりを読んだ途端、私は反射的に「惜しい!」と思った。那智の反応はいわゆる立派な大人の態度であって、朝松健との友情のあり方に、私のような第三者がとやかくいう筋合いはもちろんない。だが、こうした対立こそが、新しい何かを生み出すことにつながる場合もあるはずだ。朝松らの尽力は功を奏し、後に国産ホラー小説は大きな花を咲かせた。しかし、もしもこのときの那智史郎の違和感が朝松とともに突きつめられていたなら、ひょっとしてその花に何かまた違う彩りが加えられていたのではあるまいか。

 国産ホラー小説ブームは、ホラーを娯楽小説のジャンルとして定着させるという大きな成果を見事に挙げたものの、後に続く怪談ブームに吸収されたというのが偽らざる現状であろう。よくもわるくも、日本はやはり怪談の国であった。那智史郎がブーム初期の国産ホラー小説に抱いた違和感とはどのようなものだったのか、それはもはや知りようがない。だが、パルプホラーや大映現代スリラーといった彼が偏愛した作品たちの味わいからして、那智史郎のこだわりが日本の怪談文化に収まりきらないところにあったのは、間違いないように思うのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/09

特撮博物館と大伴昌司展

 8日(土)から9日(日)にかけて上京、東京都現代美術館の「特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」と、弥生美術館の「奇っ怪紳士! 怪獣博士! 大伴昌司の大図解」展を見物してきた。

「特撮博物館」では、大学時代からの友人であるSF作家タタツシンイチに、ひとかたならぬ世話になった。これが二度目の観覧という彼が同行してくれたおかげで、終始とまどうことなくスムーズに見物することができた。

 事前に聞いてはいたが、展示物のすさまじいまでの充実度は圧巻の一言に尽きる。混雑を避け夏休み直後の土曜日を選んだことが幸いして撮影可能エリア以外ではほとんど行列には遭遇しなかったにもかかわらず、一通り見物するのに4時間ほど要した。激しい損傷が古武士のような風格を帯びさせているメカゴジラに感嘆したり復元ではあるが鈍い銀色に輝く巨大なMJ号に陶然となったり、戦車系プロップのパーツを覗き込んでどういう市販模型の流用か推理したり――時間と体力が許せば2、3日だって過ごせてしまいそうだ。バーチャルなデータなどではなく現にそこにある物を撮影するという、ミニチュア特撮ならではの楽しさを満喫させてもらった。

 タタツとは「東映系作品のプロップがないね」などと話していたのだが、そこまで盛り込んだら1日ではとても見きれなくなってしまうことだろう。そう考えると、もう少し小規模でも常設で展示物を入れ替えていけるような場所ができればなあと思わずにはいられない。もしそれが実現すれば、押川春浪以来の万能戦艦の歴史だとか、パラボラ光線兵器の発展を追うとか、もっともっと凝った展示を試みることもできるのではないだろうか。今回の催しはかなり好評のようなので、何らかの形で次につながって欲しいと強く思う。

 次につなげるという意味では、単なる懐古的な展示にとどまらず新撮作品の「巨神兵東京に現る」を製作上映したことは、英断であった。過去の技術の再現だけではなく、さまざまに新しい試みが取り入れられていたのが素晴らしく、撮影現場の熱気をまざまざと伝えるメイキングビデオにも感動させられた。

 しかしながら、純粋に映像作品としてみた「巨神兵東京に現る」には、少々疑問を感じずにはいられなかった。わずか9分の上映時間という制約があるにしても、巨神兵襲来に至る状況をナレーションのみでむりやり詰め込むように説明してしまう手法は、およそ映画的とは言いかねる。しかも、そこで語られる虚無的なストーリーも無機質で突き放した口調も、ただ寒々しいばかりで何の感銘も与えてくれない。

 巨神兵の先輩にあたる怪獣たちは、そんな寒々しいものだったろうか? そんなことはない。怪獣は確かに恐ろしい破壊の権化であるが、同時に不可解なまでに人を引きつけて止まない、驚嘆すべき存在であったはずだ。したがって、怪獣を語るにふさわしい口調は「巨神兵東京に現る」のような青臭く気取った無関心などでは断じてない。恐怖にせよ戸惑いにせよ賛嘆にせよ、狂おしい熱を帯びていなければならないはずだ。

「奇っ怪紳士! 怪獣博士! 大伴昌司の大図解」展は、そうした怪獣への熱い想いを新たにさせてくれる好企画だった。大伴昌司はウルトラ・シリーズの製作に直接かかわった人物ではないため、怪獣ブームに便乗しただけのように語られることもある。だが、彼が創案した怪獣図解が、消費されていくやられ役ではなく長く愛され続けるスターとしての怪獣像を創りあげるのに、大きな貢献があったことは間違いない。今回展示されていた怪獣図解の肉筆原稿の数々には、どれも細かいアイデアや画家への指示などがびっしりと書き込まれていて、大伴の怪獣図解が安易にブームに乗じた商魂の産物ではなく、彼なりに怪獣を愛しその魅力を追究していったまなざしに根ざしたものであったことを、雄弁に証している。映画やドラマを作っていなくとも、大伴昌司はやはり日本怪獣文化の重要な担い手の一人であったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年11月 »