« 『霧の夜の恐怖』と『山霧の深い晩』 | トップページ | 特撮博物館と大伴昌司展 »

2012/07/14

『コナン・ザ・バーバリアン』

 テアトル梅田で『コナン・ザ・バーバリアン』を見た。なんと、公開初日なのに20:55からのレイトショーしかないのである。アメリカ本国での評判がさんざんだったせいらしいが、それにしてもあのコナンが……と悲しくなってしまった。で、実際に見てみると、それも仕方ないのかもと思わせる出来の映画だったので、またまた悲しかった。

 主演のジェイソン・モモアについては、原作に馴染んでいる観客であれば、『コナン・ザ・グレート』のシュワルツェネッガーよりもコナンらしいと感じるのではないだろうか。シュワルツェネッガーは逞しすぎて力押し一辺倒というか、原作のコナンが持っている俊敏さをやや欠くところがあったが、モモアはまるで豹のようによく走り飛び回り、狡猾な雰囲気があるところがよかった。

 それはもちろん、撮る側のサポートがあればこそであって、アクション演出に関しては『コナン・ザ・グレート』とは比較にならない多彩な技闘が楽しめる。残虐度も大幅にアップしており、気の弱い観客なら目を背けるような描写が続出であった。ただ、CGに頼って派手にし過ぎ、なんだかマンガじみているので、生の迫力で押していた『――グレート』の方を好む方もあるかも知れない。

 困ってしまうのは、そもそもストーリーがつまらない上に脚本も演出も散漫であることだ。これは『――グレート』もそうだったけど、またもや親の仇討ちの話なのである。原作のコナンは、どこからともなく現れて、破壊と殺戮の嵐を巻き起こし、またいずこかへ去ってしまう――危険きわまりない風来坊なところが魅力なはずなのに、親の仇討ちなんて白けることこの上ないのである。

 それでも『コナン・ザ・グレート』には、ニーチェの言葉が引用される幕開けから、魔道士タルサ・ドゥームの紋章(これ!)の大写しにベイジル・ポールドゥリスによる勇壮なテーマ曲が鳴り響くエンディングまで、強大ななにかがずんずんと押し進んでいくような、全編を貫く勢いがあった。それはハッタリではないかと言われれば、実際そうなんだけど(笑)、なにか分からないがとにかく凄いものを見たというような気にさせるところが確かにあったのである。当時高校生だった私は完全に酔わされてしまい、「欠点だらけの映画じゃないか」と思いつつも二番館まで追っかけて『――グレート』を繰り返し見てしまった。だが、今回の『コナン・ザ・バーバリアン』にはそういう無闇な勢いが、もう悲しいぐらいに、ない。

『――グレート』ではふつうの子供に見えた少年コナンが、この映画では大人の戦士数名を平然となぶり殺してしまい、生首を村に持ち帰る。しかし、父はそんなコナンに満足せず、「しならない剣は折れる」「剣を鍛えるには炎と氷の両方が必要だ」と教育を始める。これが後の展開の伏線になるのだろうと思っていたら――なーんにもフォローがないですよ。親の仇討ちの話なのに!

 今回の悪役は、世界を支配する魔力のある仮面を復元しようと画策している男――なんだけど、ついでに火あぶりにされた妖術師の妻を復活させようともしていたりして、ちょっと女々しい。妻の能力を受け継いでいる娘を随えていて、彼女の方がとことん凶悪な感じでさわやかなキャラクターだった。親父は剣の達人、娘は砂から生まれるゾンビみたいな戦士を繰り出す術を使えて、コナンは苦戦する。なのに最後の決戦では、娘は妖術を使わず『エルム街の悪夢』のフレディーみたいな鉄の爪だけでコナンに立ち向かい、親父は仮面を復元していながら魔力を嫁さんの復活にしか使わず、どちらも当然のようにコナンにやられてしまう。ふつうは敵味方ともパワーアップして決戦させるでしょ!

 以上のような調子で、せっかく盛り上がり掛けても後が続かなくてがっかり、というのがこの映画では連発されるのである。もしこれが、コナンの映画ではなく、コナン・ブームに便乗して作られたB級映画だったりしたら、そこそこ楽しめたかもしれないのだが……。いやそれよりも、親の仇とか関係ないまったくの風来坊のコナンが、この女々しい悪役の地道な努力をすべてわやくちゃにしてしまい、哄笑しつつ立ち去るという映画にしてくれたら最高だったんだけど、そういう企画は無理ですかねえ。

|

« 『霧の夜の恐怖』と『山霧の深い晩』 | トップページ | 特撮博物館と大伴昌司展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73976/55199192

この記事へのトラックバック一覧です: 『コナン・ザ・バーバリアン』:

« 『霧の夜の恐怖』と『山霧の深い晩』 | トップページ | 特撮博物館と大伴昌司展 »