« 怪獣漬けの正月休み | トップページ | 『シェラ・デ・コブレの幽霊』 »

2010/01/31

2010年1月の読了書から

倉阪鬼一郎『三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人』(講談社ノベルス)[Amazon]
 三崎に建てられた壮麗な二つの洋館「黒鳥館」「白鳥館」には、恐ろしい復讐の罠が仕掛けられていた。招待状を受け取り訪れた人々が、一人また一人と密室で殺されていく、という話かと思いきや……。
 年末から読み始めて、元旦の朝に読み終わった。いやもう、まさかそんなことだとは、ぜんぜん見破れませんでしたよ。この上ない奇想天外の極みで、初夢初笑いをどっぷり堪能いたしました。富士山も出てきたし、まことに縁起よし。すべてのトリックがすっきり(?)解明されるものの、そもそもどうしてここまで複雑な仕掛けを施さねばならなかったのかという最大の謎が怪しい余韻を残す。でも、もしもこんな殺され方されたら、いろんな意味ですっっごく嫌なのは間違いない。

Sydney Horler"The Vampire"(Bookfinger)
 現在はほぼ忘れ去られているが、デニス・ホイートリーとほぼ同時期に活動し、作風からライバル的な位置にあったのではないかと思われる英国の大衆作家が1935年に発表した怪奇長篇である。この本は初版ではなく1974年に復刊されたもの。
 東欧の架空の国の在英大使館に住まう貴族が実は吸血鬼で、社交界の婦女を毒牙に掛けていく。異常に感づいた青年神経内科医が、吸血鬼を追って渡英してきた恩師の老オーストリア人医師とともにこれに立ち向かい、吸血鬼の虜になっている恋人を救い出そうとする。女性を精神的に支配する能力を持ち主人公の恋人に結婚を強要する吸血鬼は、「トリルビー」のスヴェンガリに代表される色魔の催眠術師像の影響が濃厚であるが、その一方で霧に変じて建物に侵入したり、デビルマンのように背中から蝙蝠の翼を出して宙に舞い上がったりと、当時の映画にも無いような派手な超能力を奮う場面もあった。この作家・作品についてはいずれ改めてこのブログで取りあげるつもりなので、詳しくはまた後日に。

シーベリー・クイン『悪魔の花嫁』(創元推理文庫)[Amazon]
 オカルト探偵グランダン・シリーズ唯一の長篇で、『ウィアード・テイルズ』誌に分載されたもの。婚礼の席で、花嫁が忽然と消えてしまう怪事が起きる。実は娘の家系は中東のある邪教の神官の血を引いており、教団は彼女を儀式の生贄とするべく攫ったのだった。グランダンと友人の医師トロウブリッジは花嫁を救い出すために、世界を股に掛けた教団の陰謀に立ち向かう。
もともとグランダン・シリーズは超常現象も未知の自然現象としてロジカルに解明しようとする傾向が強いのであるが、この長篇では超自然的な要素はほぼ皆無で、怪奇小説というよりフー・マンチュー型のオカルト風味のスリラーになっている。怪しげな蘊蓄の数々と鮮烈な猟奇趣味に彩られ、起伏に富んだストーリーは興趣満点。特に、掲載紙がパルプ・マガジンだけあって、この時代の長篇怪奇小説としては意外なほど残虐な描写が激しく、しかも女性や子供が犠牲になるので苦手な方はご注意を。また、訳者大瀧啓裕による巻末の解説は詳細を極めたもので、たいへん参考になる。

小倉多加志編・訳『ポケット 英語で怪奇小説を読もう』(南雲堂)[Amazon]
 1982年に出版された英語学習教材用の怪奇短篇集。かなり珍しい本だと思うが、ネット通販で手頃な値段で入手できた。原文と訳文が段落単位で併載されていて、収録作は下記のとおり。

(1) W・H・ホジスン「闇の中の声」(William Hope Hodgson,"The Voice in the Night")
(2) ロイ・ヴィッカーズ「八番目のスイッチ」(Roy Vicards,"The Eighth Lamp")
(3) ジョイス・マーシュ「樹」(Joyce Marsh,"The Tree")

 この本のために訳したのは(1)のみで、(2)(3)は「ミステリ・マガジン」からの再録のようである。(1)を除くと知る人ぞ知るという感じの、マニアックなセレクション。男女の三角関係から怪異が生まれる(2)はちょっと艶っぽい話で、「ジョージから亭主のことを聞くと、あたし、頭がおかしくなっちゃったもんで、ついジョージに着物を脱がさせちまったんですよ」なんてくだりがあるし、原文の労働者階層のくだけた口調は辞書で調べきれるものではなく、あまり英語教材には適していないような?


スティーヴン・J・ザロガ『パンターvsシャーマン バルジの戦い1944 (オスプレイ“対決”シリーズ) 』(大日本絵画)[Amazon]
  昨年11月に読んだ『パンターvsT-34―ウクライナ1943 オスプレイ“対決”シリーズ』の姉妹編的な本で、西部戦線における独・米の主力戦車を比較している。またもやパンターは評価が低く、単騎での戦闘能力は高くても生産性と信頼性の低さゆえに必要な時に必要な場所へ必要な量の打撃力を提供するという、近代兵器に必須な基本的要求を満たせていない欠陥兵器扱いされている。逆に単騎での戦闘能力は平凡だが上記のような近代兵器に求められる資質に富んでいたのが、米軍のシャーマン戦車とソ連軍のT-34であった。
 1944年後半には、そこへさらに独軍の人的資源の大幅な損耗による練度のひどい低下が加わり、パンターとシャーマンの戦闘能力の差は、戦闘の趨勢にそれほど大きな影響を与えることがなかったと本書は主張している。パンター1両を倒すのにはシャーマン5両が必要であったという通説はまったくの幻想であったことを豊富なデータを基に詳細に実証してみせており、実に興味深い。

『装甲列車 (オスプレイ・ミリタリー・シリーズ 世界の戦車イラストレイテッド) 』(大日本絵画)[Amazon]
 装甲列車とは、その名のとおり装甲を施した列車に機銃や大砲を搭載した兵器のこと。道路網が未整備で鉄道が主要な輸送・交通手段であった時代に、鉄道の警備はもちろん野戦用の移動火点として広く用いられた。全盛期には戦争の趨勢を左右するほどの役割を果たしたというが、モータリゼーションが進行し、より汎用性の高い装甲機動兵器である戦車が出現したために姿を消してしまった。
 この本は、装甲列車の誕生から各国での発展、衰退を概説しており、恐らく邦文の書籍では他に類を見ないものではないだろうか。扱う範囲が広大なために運用を論じるので精一杯になっており、各装甲列車の兵器としてのメカニズムの解説が少ないのはやや残念。

|

« 怪獣漬けの正月休み | トップページ | 『シェラ・デ・コブレの幽霊』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73976/47505522

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年1月の読了書から:

« 怪獣漬けの正月休み | トップページ | 『シェラ・デ・コブレの幽霊』 »