« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の記事

2009/10/31

2009年10月の読了書から

高瀬美恵『庭師(ブラック・ガーデナー) 』(祥伝社文庫)[Amazon]
 7年前の発行時に気づかずに今になって読んだが、今年の3月でなんと第8刷! 確かに力作であった。竣工後間もない分譲マンションに、失恋して間もない女性フリーライターが入居する。そのマンションを「庭師」と自称する何者かが監視しており、住民を花壇の花々に喩えて彼らのプライバシーを怪しげなサイトで晒していた。住民たちは気づかぬまま「庭師」に操られ、互いにいがみあい、ついには殺し合い始める。
 都市生活のストレスを扱ったサイコ物かと思いきや、次第にこの世の物ならぬ何かの影がちらつき始め、終盤はとんでもないカタストロフに。もちろん早くから超常的な力が背後にあることを匂わせる伏線は貼られているものの、それを丹念に拾うというよりも、危機また危機の連続で息をつかせぬ語りの力でほとんど暴力的にサイコから超自然へ移行してしまう展開に驚かされた。少々暴走しすぎの感もあり完全に成功しているとはいいがたいけれど、意欲は評価したい。

安東能明『予知絵』 (角川ホラー文庫)[Amazon]
 ちょっとした怪作。子供が描く絵から心理や身体の状態がつぶさに読み取れるという浅利児童画診断法なるもので(これは一応実在する)、その子供や家族の死に様まで予知してしまうというのである。何やら俗流の心理テストと似通った匂いもするこの診断法が絶対に正しいというのが物語の大前提になっており、登場人物たちが不自然なまでに何の疑問も抱かず浅利児童画診断法の熱烈な信奉者になっていくのが薄気味悪い。そして主人公は信奉者になったがために、絵の示す恐ろしい運命に絡み獲られていくばかりなのである。いったい作者は浅利児童画診断法に対してどのような思いを抱いて、小説化したのだろう?

辻村深月『ふちなしのかがみ』(角川書店)[Amazon]
 人間関係のもつれが怪異を呼ぶ物語を5篇収めた短篇集。ただし著者の関心は明らかに彼岸より此岸にあるようで、幽霊の怖さよりも人間の心理のいやらしさばかりが目立つ。しかも、謎解きの興味で話を引っぱり、怖がらせるよりもなるほどと感心させようとする落とし方に持っていく傾向が強いので、どうにも理屈っぽい印象を受けた。いかにもミステリ作家が書いた怪談集というべきか。

荒山徹『柳生陰陽剣』(新潮文庫)[Amazon]
 先月読んだ『十兵衛両断』の姉妹編で、新陰流の達人かつ陰陽師である柳生友景が、日本の危機を察知し護国の鬼に変じた崇徳上皇の命を受け朝鮮妖術師軍団の陰謀と戦うという連作短篇集。前作が敵も味方も非情な策謀家ばかりだったのに比べて、本書の主人公友景は完全無欠なかっこいいヒーローで朝鮮はとことん卑怯な悪者と、かなり脳天気になってしまった。妖術合戦の奇想天外さも二回りほどスケールアップしており、巨大怪獣(慕漱蠡と書いてモスラと読ませる巨大蛾とか。いいのか?)までぞろぞろ出てくる。私には滅法おもしろかったが、ここまで行くと着いていけない読者も多いかも。

スティーヴン・キング『悪霊の島』(文藝春秋)上[Amazon]下[Amazon]
 綿密に描き込まれた登場人物の心の闇に乗じて姿を現す、外なる悪──キング流ホラーの見本のような長篇。その分新味は少ないのだが、個性的な登場人物たちが織りなす物語に次第に不吉な影が差してくるおなじみの緊張感といい、期待が絶頂に高まったところで姿を現す外なる悪の滑稽なまでにグロテスクな恐さといい、他の作家では味わえないキングならではの楽しみに満ち満ちており、読み始めるとやめられないおもしろさであった。もう一ひねりあってもという気もするけれど、手堅くまとめられた万人向けの良作である。

『ゴースト・ストーリー傑作選――英米女性作家8短篇』(みすず書房)[Amazon]
 19世紀後半から20世紀前半にかけてのイギリスとアメリカの女性作家による怪談を、各4篇ずつ収録。
(1)エリザベス・ギャスケル「老いた子守り女の話」
(2)メアリー・エリザベス・ブラッドン「冷たい抱擁」
(3)シャーロット・リデル「ヴォクスホール通りの古家」
(4)ヴァイオレット・ハント「祈り」
(5)シャーロット・パーキンズ・ギルマン「藤の大樹」
(6)ケイト・ショパン「手紙」
(7)メアリ・ウィルキンズ・フリーマン「ルエラ・ミラー」
(8)イーディス・ウォートン「呼び鈴」
 ゾンビ小説の先駆けのような(4)と、幽霊は出ないが妻の遺言に呪縛された夫の心理描写がおもしろい(6)、精神的吸血鬼と魔女狩りをミックスしたような(7)が印象に残った。本の内容そのものには大きな不満はないが、8篇でこの売価は高すぎるだろう。

H・P・ラヴクラフト『文学における超自然の恐怖』(学習研究社)[Amazon]
 ホラー史上の里程標的評論である表題作を中心にしたH・P・ラヴクラフトの著作集。ところがラインナップはどう見ても創元推理文庫版全集別巻3のようで、独立した一冊の本としては違和感を免れない。編訳者大瀧啓裕氏ならではの詳細を極めた注解がてんこ盛りになっているかもと期待していたのだが、読者自身に考えさせようという方針のようで、示唆を含めた解題のみなのも物足りなかった。
 ともあれ、ホラーについて考えるには必読の評論が新刊でふたたび読めるようになったことは素直に喜びたい。ラヴクラフトの創作のバックボーンを探ったり古典的名作を読むための手引きとしてばかりでなく、モダンホラーの現状と比較して読んでこそ、この評論の真価が判るのだが、その話題はいずれまた。

E・R・バローズ『月のプリンセス』(創元推理文庫)[Amazon]
月シリーズ三部作の第一部。時は1967年。何度も転生を繰り返し、未来も含めてすべての人生の記憶を持っているという男が、21世紀で体験した冒険を語る。火星(現実の火星ではなく、火星シリーズのバルスーム!)を目指し出発した宇宙船が、錯乱した乗員の破壊工作により月に不時着。月は内部が空洞になっていて大気があり、人類に似通った種族までもが棲息していた。主人公は月人の王女と恋仲になるが、月世界の覇権を巡る戦乱に巻き込まれる。地球空洞説ならぬ月空洞説が読みどころだろうが、あまり掘り下げられておらず、月世界の生物や社会の描写もあまりインパクトはない。主人公は21世紀の人生では、なぜか転生の記憶を失っている様子。まあ、ほんとにぜんぶ記憶していたら、冒険が成り立たないわけだが。先に構想されたのは第二部の方でバローズの作品中でも異色作というから、そちらに期待しよう。

『東宝特撮総進撃 (別冊映画秘宝) 』(洋泉社)[Amazon]
 東宝の特撮映画全89作をレビューしたムック。母胎が「映画秘宝」だけにひねった視点のものが多く、完全マニア向け。評論家以外の著名人も多い執筆陣があまりの大所帯でクオリティが一定せず、はっきりいって玉石混淆なのがつらい。資料性もそんなに高くなくて、なんというか、全体にマニア同士が飲み会でだべっているような雰囲気の本である。そういう雰囲気が好きな読者は楽しめるのだろうが、私には物足りなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/24

『日本幻想作家事典』

 2年越しの大仕事であった『日本幻想作家事典』[Amazon]がようやく完成した。来週明けには書店に並んでいるはずだと思う。私が担当したのは付録の「怪奇幻想映像小史」のうち、「怪奇・伝奇映画、ドラマ」と「特撮映画、ドラマ」のパートである。幻想文学読者向けにこれらの映像ジャンルの概要を提示するという趣旨で、事典形式ではなく通読を前提とした記述になっている。また、特撮物はSFに属する作品が多いのだが、それらも「どのような幻想が描かれているか」に主軸を置いて論じている。SFファンや特撮ファンが読むと、異和感を抱くところもあるかも知れない。

 扱う範囲が非常に広大なために、膨大な時間を調査と未見の作品の消化に費やすことになった。そのために入稿が大幅に遅れてしまい、付録のまとめ役の石堂藍氏にはずいぶんとご心配を掛けてしまった。それでもまだ万全とはいいがたく、とうとう見ることができなかった作品について「幻想映画」パート担当の堀部利之氏に一部執筆協力をいただいたり、入稿後に無理をいって書き改めた箇所もある。今後もまた誤りや新たな事実が判明した場合には、随時このブログでフォローしていこうと考えている。

 今回、何よりも痛感したのは、一人の力には限界があるということだった。もともと私の知識や嗜好はかなり偏りがあり、参考にさせていただいた各種文献やウェブサイトはもちろんのこと、大学時代の後輩たちを始めとした知人・友人たちの助言や資料提供がなければ、この仕事はとてもやり遂げることはできなかっただろう。特に、初の国産テレビ映画である「ぽんぽこ物語」で弟狸のぽん吉を演じられた栗原真一氏が、本書のウェブ作業室をご覧になってわざわざ資料を送ってくださったのは、嬉しい驚きであった。

 にもかかわらず、本書が完成しいよいよ取次へ搬入という時期に、たいへんな事実が判明した。何と、編集作業上の手違いで私の原稿のうち参考文献・サイトと謝辞が、丸ごと脱落してしまっていたのである。この種の研究作業は先行する諸成果の蓄積があってこそ可能なのであり、それらに対する礼を欠くとはまったく恥ずかしい過ちというほかない。残念ながら初刷分の訂正はもはや不可能なので、アトリエOCTAの事典専用ページに該当箇所を掲載していただいたが、このエントリーの末尾にもあわせて掲載しておく。

 関係各位には、まことに失礼をいたしました。深くお詫び申し上げます。


参考文献・サイト

【文献】

『キネマ旬報別冊 日本映画作品大鑑』全7巻、キネマ旬報社、一九六〇~六一

『日本特撮・幻想映画全集』、朝日ソノラマ、二〇〇五

『全怪獣怪人』上・下、勁文社、一九九〇

『テレビドラマ全史 1953~1994』、東京ニュース通信社、一九九四

泉速之『銀幕の百怪 本朝怪奇映画大概』、青土社、二〇〇〇

横山泰子『江戸東京の怪談文化の成立と変遷 一九世紀を中心に』、風間書房、一九九七

小中千昭『ホラー映画の魅力 ファンダメンタル・ホラー宣言』岩波アクティブ新書(岩波書店)、二〇〇三

雑誌『宇宙船』、朝日ソノラマ、一九八〇~二〇〇五・ホビージャパン、二〇〇八~

ソノラマMOOK『宇宙船 YEAR BOOK』、朝日ソノラマ、一九九七~二〇〇七

猫山れーめ・編、著『JESFTV』第一号、日本初期SF映像顕影会(私家本)、二〇〇七

那智史郎『戦慄と冒険の映画王国 東映娯楽版コレクション』、ワイズ出版、一九九九

那智史郎『大映戦慄篇 昭和二十年代探偵スリラー映画』、ワイズ出版、二〇〇〇

岩佐陽一・編「シルバー仮面・アイアンキング・レッドバロン大全 宣弘社ヒーローの世界」、双葉社、二〇〇一

平山亨『仮面ライダー名人列伝 子供番組に奇蹟を生んだ男たち』、風塵社、一九九八

平山亨『東映ヒーロー名人列伝』、風塵社、一九九九

【サイト】

キネマ旬報DB/Walkerplus.com(株式会社角川クロスメディア)
http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/

allcinema ONLINE(株式会社スティングレイ)
http://www.allcinema.net/

日本映画データベース
http://www.jmdb.ne.jp/

テレビドラマデータベース
http://www.tvdrama-db.com/

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(ウィキメディア財団)
http://ja.wikipedia.org/wiki/


 とりわけ戦前の怪談映画、怪奇映画の概要については参考文献のうち『銀幕の百怪 本朝怪奇映画大概』に依るところが多く、著者泉速之氏には格別の謝意を表する。また、テレビドラマ「ぽんぽこ物語」について、主役の子狸姉弟のうち弟のぽん吉を演じられた栗原真一氏より資料をご提供いただいた。ご厚意に深く感謝する次第である。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »