« 家族旅行広島・宮島編 | トップページ | 『幽』第8号&第2回怪談文学賞 »

2007/08/13

家族旅行・呉市内編

Kujira

 朝食を食べるとすぐホテルをチェックアウトして、本物の潜水艦の中が見学できるという海上自衛隊呉史料館 / てつのくじら館へ向かった。今年4月にオープンしたばかりで人気が高く、混雑時には整理券を配布して入場制限していると聞いていたので、配布開始の8時45分より少し早めに着くつもりで出かけたのである。到着したのは8時20分ごろで、もうすでに数十人の行列ができていた。写真の通り、潜水艦は建物外にむき出しで展示されている。ゆうしお型潜水艦のあきしおである。全長76mだから軍艦としては小さな部類に属するが、それでも間近で見るとさすがに大きく感じられ、ふつうに自動車が行き交う公道の脇にでんと鎮座している姿は、すごいインパクトがある。前日に引き続いての猛暑で、朝とはいえこのまま日光を遮るもののないところに並んでいるのはつらいなあと思っていたら、10分ほど後に制服の自衛官がゲートを開けて潜水艦の艦首の影の下に誘導してくれて、ほっと一息。そしてまた10分ほど後には、整理券配布どころか正規の開館時間9時を待たずに入場させてくれた。

 館内展示はこちらのとおり、掃海艇と潜水艦についてが中心になっている。展示内容は全体にごくあっさりしたものだったが、扱っている分野が専門的なわりに予備知識なしでも解るようにうまくまとめられていた。また、「これは何かな?」などと話していると、退役自衛官のボランティアであるという係員がすっと近寄ってきて詳しい説明をしてくれる。掃海隊についての展示は、実戦の経験がない海上自衛隊の中ではもっとも実地経験が豊富で功績も大きいといえる部隊なのに任務が地味なため一般にはなじみが薄いので、メインの潜水艦以上に意義深いと思う。

 いよいよ潜水艦あきしおの内部に入ると、聞きしに勝る狭さにびっくり。外から見るとあんなに大きかったのにどうして? と思ってしまうほど。まがりなりにも部屋といえる広さがあるのは発令所のみで、あとは隙間といった方がしっくり来るような感じである。艦長室でさえベッドと小さな机だけでいっぱいいっぱいで、3畳もなかったような。敵艦撃沈を主任務とする攻撃潜水艦とは、極端にいえば隠密魚雷艇というか、隠れて魚雷を運び、ぶっ放すだけの船でしかないということがよく解る。通路も狭いため、今日のように混んでいると後からやってくる人たちに遠慮せねばならないので、じっくり見るのはむずかしい。できるだけ空いている時期に見学すべきだろう。なお、発令所等の中枢部は現在は撮影禁止になっているのだが、オープン当初は撮影できたらしい。

Oosumi


 潜水艦の外に出て館内に戻ると展望ホールになっていて、ガトー級潜水艦とイ400潜の艦橋に装備されていた双眼鏡で呉港を見ることができる。そして、イ400潜の方の望遠鏡を覗くと、なんとおおすみ級輸送艦(艦の識別番号までは確認できなかった)の特徴ある艦橋が大写しに見えるではないか! たぶん狙ってセッティングしてあるのだろう。

 1時間ほどでてつのくじら館の見学を終え、向かい側の呉市海事歴史科学館/大和ミュージアムへ移動した。入館するとすぐ、目玉になっている戦艦大和の10分の1模型がでんと座っている。模型といっても漁船ぐらいの大きさだからそれなりに迫力はあるのだが、てつのくじら館で実物の潜水艦を見た直後だけにやはり見劣りする感は否めない。ついつい模型として見てしまって、「この大きさだともっと汚し塗装をしないと実感に欠けるなあ」とか「どうせなら主砲可動・発射のギミックでも付けてしまえば」などど思ってしまったり……。小さくとも実物の零戦や回天、海竜などの方が、ずっと重々しい存在感があるように感じた。なお、実物の大和のサイズを偲ばせるものとしては、館外の公園に艦橋から艦首までを模った大和波止場があるのと、大通りを挟んで向かい側にある第2駐車場ビル2階に映画『男たちの大和/YAMATO』に使われた副砲塔・高角砲塔・機関砲座のセットが展示されている。

 10時過ぎぐらいから見学客がどんどん増えてきて、かなり混雑した状況になってきた。大和模型や零戦などの大型展示物コーナーはそれほどでもないが、軍港として発展した呉の歴史と大和との関係を語るコーナーの方は、昨日の広島平和記念資料館と同じく低い位置にモニターを設置してVTRを流しているところがいくつもあって、やはり人の流れが滞る。また、市が経営している博物館だから仕方ないのかもしれないけれど、そもそも戦艦とは何かとか、戦艦として大和はどうなのかというような説明はほとんどないのがやや物足りなかった。宇宙戦艦ヤマトの模型が置かれているのはまあご愛敬としても、松本零士の業績を讃える展示は要らんでしょう。

Submarins

Umigiri

Muroto

 呉港は海上自衛隊の基地になっているのだが、てつのくじら館や大和ミュージアムの近辺には掃海隊や練習艦、タグボート等の支援艦艇がいるぐらいで、現役の護衛艦や潜水艦を見るにはもっと南の波止場に行かなければならない。JR呉駅前の食堂で昼食を採ってから、バスに乗り、潜水艦隊が間近で見られるというアレイからすこじまに行ってみた。間近といっても自衛隊の施設だから桟橋まで入れるわけではなくて、フェンス越しにのぞき込むだけである。艦艇まで距離があるので、オペラグラスや望遠鏡が必ず必要になる。私は3倍のオペラグラスを持って行ったが、もう少し倍率の大きなものを用意すべきだったと感じた。画像はパナソニックの400万画素光学3倍ズームのデジカメLUMIX DMC-LS1で撮影したもので、肉眼で見るだけではここまで迫力はない。それでも潜水艦や護衛艦がごろごろ停泊している様は壮観だった。中には機雷敷設艦もいたりして、てつのくじら館で掃海部隊についての展示を見た直後だったのでなんだか変な気持ちになった。

 私一人ならここで終日でも過ごしていられるのだが、家族連れだとそうはいかないのでほどほどで切り上げて広島市内に戻り、夕方には新幹線で帰阪した。もう一日余裕があれば、呉には江田島や海軍関係の史跡など見どころが多いのだけど、子供たちが退屈するのが目に見えているので家族旅行ではなかなか難しい。それと、とにかく暑さに悩まされた。自分ももう若くないし、これからは夏休みの旅行は避暑地か水遊びで考えないとつらいかもしれない。

|

« 家族旅行広島・宮島編 | トップページ | 『幽』第8号&第2回怪談文学賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73976/17382135

この記事へのトラックバック一覧です: 家族旅行・呉市内編:

« 家族旅行広島・宮島編 | トップページ | 『幽』第8号&第2回怪談文学賞 »