« 『グランダンの怪奇事件簿』 | トップページ | ジョン・ブラックバーン再説(その2) »

2007/02/18

『闇に棲む少女』

 クリストファー・ゴールデン『闇に棲む少女』(ランダムハウス講談社文庫)[bk1][Amazon]

 アメリカン・コミックの原作ライター出身の著者による、ホラー長篇である。ブラム・ストーカー賞受賞作家だというのだけど、受賞作は小説ではなくてノンフィクション"Cut!: Horror Writers on Horror Film "(Berkley,1992)[Amazon]だそうだ。コミックでは、日本版も出ている『ヘルボーイ』などに関わっていたとのこと。詳しい経歴は著者のホームページで読める。

 本書巻頭には先輩ホラー作家のC・L・グラント宛に献辞が掲げられていて、「おとなしめの物語をひとつ」とある。雰囲気重視の地味な作風で知られるグラントに対してわざわざ「おとなしめ」といっているだけあって、ほんとうにおとなしいホラーであった。

 主人公は広告代理店に勤める青年アートディレクターと、政界から誘いがかかるほど聡明でしかも美しい弁護士補助員の妻という、絵に描いたような幸せなカップル。二人して出席した仮面舞踏パーティの帰途、人気のない深夜の路上にひとりたたずむ幼い少女を見かけた夫は、酔って眠っている妻には無断で少女を車に乗せ家まで送り届けようとする。たどり着いた少女の家は山奥のまるで廃墟のような館で、「私をみつけて」と言い残して少女はその中に姿を消していく。不審に思った夫は少女を追って館に足を踏み入れたために、超自然的な存在の影につきまとわれることになる。そして真相を探ろうとする夫に対し、その何ものかは警告として妻に魔手を延ばし、彼女の記憶と人格を奪って下品で粗暴な悪女に変えてしまう。妻を取り戻すために、夫は超自然的な存在に対して絶望的な戦いを挑むのである。

 愛する者がまったく別人に変わってしまうのは、確かに恐ろしい。場合によっては、相手が死んでしまうよりつらいことかもしれない。だが、それを実感するには実際に誰かと相思相愛の仲になった経験がないと、なかなか難しいような気もする。本書はそこを補うために主人公夫婦の麗しい思い出の数々を回想する場面がしつこいぐらいふんだんに盛り込まれているのだが、逆におのろけが過ぎると鼻白む読者もいるのではないだろうか。それを抜きにしても、回想が多くてなかなかストーリーが進まないのは少々問題だろう。まあ、アメリカン・モダンホラーはたいがいそうなのだが……。そういえば、超自然的存在が肉体を備えていてクライマックスが大格闘になっていくのも、モダンホラーにはありがちな展開である。

 定番の死への恐怖にばかり頼るのではなく、新たな恐怖を模索しようとする姿勢は高く評価したいけれど、残念ながら意余って力足らずというところであった。

|

« 『グランダンの怪奇事件簿』 | トップページ | ジョン・ブラックバーン再説(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73976/13951854

この記事へのトラックバック一覧です: 『闇に棲む少女』:

« 『グランダンの怪奇事件簿』 | トップページ | ジョン・ブラックバーン再説(その2) »