« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の記事

2006/12/24

『硫黄島からの手紙』

 TOHOシネマズなんばで『硫黄島からの手紙』を観た。米軍視点の『父親たちの星条旗』と二部作で扱いで製作された、日本軍視点の硫黄島戦映画である。『父親たちの星条旗』が実話をベースに作られているのに対し、『硫黄島からの手紙』は半ばフィクション仕立てになっている。登場人物でいうと、栗林忠道中将や西竹一中佐ら有名な上級将校は実在の人物だが、二宮和也が演ずる西郷という兵士や下士官、下級将校らはほとんどこの映画のために創作されたキャラクターなのである。硫黄島の戦いは日本軍守備隊20,933人のうち20,129人が死んでしまったという戦闘だけに詳細が判らないところが多く、日本軍側の視点で史実通りに描こうとしても限界があるからだろう。

 そのおかげでというべきか、この映画は渡辺謙が扮する栗林中将と二宮和也の兵卒という2人の主人公を中心に、指揮する者たちとされる者たち双方の視点から硫黄島の戦いを立体的に描き得ている。硫黄島守備隊は戦うための装備どころか水や食糧まで充分ではなく、本土からの支援もあてにならないという最悪の条件下にあった。圧倒的に優勢な米軍に島を奪われることは、あらかじめ確定していたののだ。そこで司令官の栗林は、米軍に最大の犠牲を強い、本土侵攻を一日でも遅らせるために徹底した持久戦術を取ろうとする。だがその思いは、華々しく散ってこそ武人という旧弊な観念に囚われた部下の士官たちに歪められてしまい、兵士たちはしばしば無謀な突撃や集団自決を命ぜられ、虚しく死んでいくのである。

 こうした戦争が生む混乱の数々を、この映画は執拗に追い続けている。憲兵として国に奉じようとしたのに無意味な飼い犬殺しを命じられたり、敵戦車に体当たりせんと地雷を抱えて飛び出したのになぜか行き会えず生き延びてしまったり、鬼畜と信じていた米兵も同じ人間だと気づいたために逆に殺されたり──愛国心も功名心も人類愛も、何もかもが巨大な死と破壊の渦に巻き込まれ意味を失ってしまう。極力感傷を抑えて淡々と描写を積み重ねていくクリント・イーストウッド監督の演出は、観客をじんわりと出口のない地獄に追い込んでいくかのようである。ただ、混乱ばかりが強調されて戦況を説明するような戦闘シーンが極端に削られており、そのために硫黄島戦のアウトラインすら判りにくくなっているのは残念だった。監督としては、間違ってもアクション映画と受け取られたくないという思いがあったのかも知れないけれど、戦闘の推移が具体的に理解できた方が、よりいっそう戦いの過酷さが体感できたのではないだろうか?

 また、この映画はあくまでアメリカ人が作ったアメリカ映画なので、細部には首を傾げるところもやはりある。前述の通り半ばはフィクションであるということも含めて、ある程度割り切って鑑賞した方がいいだろう。それでもこの映画は、『父親たちの星条旗』と同じく観客自らが考えることを静かに促す姿勢に説得力があって、傑作とは言わないまでもかなりの力作だと思う。それに、今の日本人にはこれぐらいの水準で自国の戦争を描く映画をとうてい作れやしないのだから、軽々しく文句を言うべきではなかろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/23

ジョン・ブラックバーン再説(その1)

 先ごろ論創社より邦訳されたジョン・ブラックバーンの長篇『闇に葬れ』がなかなか楽しかったので、創元推理文庫で既訳の3作『薔薇の環』『リマから来た男』『小人たちがこわいので』もその後続けて読んでみた。『小人たちがこわいので』は20数年ぶりの再読で、『薔薇の環』と『リマから来た男』は買ったまま積読だったもの。このように扱いに差が出てしまったのは、『小人たちがこわいので』はホラーだが『薔薇の環』『リマから来た男』はサスペンス・スリラーだと聞いていたからである……この偏食ばかりは如何ともしがたい……。で、実際に読んでみると確かにその通りだったが、どれもそれなりにおもしろかった。

 この3冊は実は、同じキャラクターたちが主人公格で活躍する。ホロコーストを生き延びイギリスに帰化したユダヤ人医学者マーカス・レヴィン卿と、その妻で元はロシア内務省幹部の秘書兼ボディガードだったタニア、イギリス外務省情報部長カーク将軍の3人である。『小人たちがこわいので』の訳者菊池光氏の後書きによると、ブラックバーンの小説には「夫妻だけ、将軍だけ、あるいは三人ともに登場する作品がかなりあって、いわば一種のシリーズをなして」いるとのこと。これら3冊は原書の刊行順だと『薔薇の環』(1965)、『リマから来た男』(1968)、『小人たちがこわいので』(1972)となるのだが、邦訳はいちばん後の『小人たちがこわいので』が先行し、『薔薇の環』『リマから来た男』が続く格好になった。恐らくは、『小人たちがこわいので』がブラックバーンの代表作の一つとされることが多いので、まずそれを紹介しようとしたのだろう。

『薔薇の環』では、冷戦の狭間に起きた怪事件と、マーカスとタニアが出会い結ばれる過程が描かれている。東ドイツを通過中の列車から、在西ベルリンイギリス陸軍通信隊に所属する中佐の息子が、忽然と姿を消す。少年はなぜか西ベルリン市街を独り彷徨っているところを発見されるのだが、彼は異常なほど症状の進行が早い強力なペスト菌に感染しており、鉄のカーテンの両側で病禍が蔓延していく。この奇怪なペスト菌の発生源を探るためにマーカスとカークは東ドイツに入り、東側はタニアを彼らの案内役に任ずるのである。架空のペスト菌や、その起源に中世の遺跡と呪いの民間伝承が絡むといった伝奇的な趣向はあるものの、本書には超自然やSF的な要素はなく、純然たるサスペンス小説である。

『リマから来た男』では、イギリスの対外協力相を暗殺した男の死体を調査したマーカスが、宿主を異常な興奮状態にする謎の微生物を発見する。同様の暗殺事件が世界各地で続き、被害者の誰もが南米のある共和国に関わっていることが判明、マーカス夫妻とカーク将軍は真相究明のために現地に飛び、政情不安定な共和国の裏面で暗躍する謎の結社と対決することになるのである。この小説ではカギとなる微生物の起源について、あるSF的な発想の仄めかしがあるのだが、決定的な解明には至らないため、結末でかすかに不安な余韻を残すといった程度の効果に終わっている。ジャンルミックスとまではいかず、一風変わったサスペンス小説というのが妥当な評価だろう。

『小人たちがこわいので』は、邦訳されたブラックバーンの4長篇のうち、彼の特徴とよく言われるジャンルミックス性にもっとも富む作品と言えるだろう。本書は古代の宗教儀式の悪夢に繰り返し悩まされ続けた男の自殺と、工場の廃液が原因と思しき魚や鳥の大量死という2つの事件が、北ウェールズの民間伝承で恐れられてきた倭人族の逆襲という超自然的な解明で決着していくという、本格派のホラーである。ところが、この倭人族が仲間を呼び寄せるためにジェット飛行機のエンジン音に彼らの儀式の音楽を潜ませたり人類殲滅のために微生物を散布するとかいった、至って現世的な謀略の手段を用いているために、『薔薇の環』『リマから来た男』と同質のサスペンス小説としての味わいも濃いのである。こうしたサスペンス小説的な要素の混入はマーカス卿やカーク将軍たちを活躍させるためには不可欠であり、キャラクター小説の枠内でホラーを書こうとした結果のようにも思われるのだが、ともかく本書がホラーを軸としたジャンルミックス小説なのは間違いない。

 3冊の中では、容易に先が読めぬおもしろさで『小人たちがこわいので』がやはり傑出しており、そういう意味ではこれをまず邦訳した創元推理文庫の判断は正しかったと言える。しかし、『薔薇の環』を飛ばしていきなり『小人たちがこわいので』を読むと、元東側エージェントの主婦というタニアの特殊なキャラクターが突飛に感じられてしまうといったような、シリーズ物を途中から読むことによる違和感はやはりある。どれか1冊だけ読んでみるなら『小人たちがこわいので』がベストだろうが、もしもこれから3冊すべてを読む気があるなら、ぜひとも原書の刊行順に読むことをお勧めする。

 これら3冊を通読していくと、ブラックバーンはある英国人作家の影響を強く受けているのではないかという気がしてきた。日本では『黒魔団』を始めとしたオカルト・スリラーで知られている、デニス・ホイートリーその人である。しかしながら、このことを論ずるにはさらにかなりの字数を要するので、ひとまずここで区切りとする。

「ジョン・ブラックバーン再説(その2)」に続く(たぶん来年……)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/07

怪談専門誌『幽』第6号

 メディアファクトリーより、怪談専門誌『幽』第6号[bk1][Amazon]の見本誌が届く。今号の第一特集は「江戸の怪」、第二特集は「決定 第1回『幽』怪談文学賞」。詳しい内容は先ごろ開設された『幽』公式サイト「WEB 幽」こちらのページをどうぞ

 私は今回は、東雅夫編『文豪怪談傑作選 吉屋信子集 生霊』(ちくま文庫)[bk1][Amazon]の書評させていただいた。この作品集には厳密にいうと怪談ではない作品も収録されていて、むしろ狭義の怪談の数の方が少なくなっている。私は掲載誌に鑑みあくまで怪談本として評したために触れなかったのだけど、この怪談でない収録作がまた、怪談でないためにますます異様な小説になっていて実におもしろいのである。怪談にさほどこだわりがない読者でもきっと楽しめるはずの本なので、ぜひともご一読を。

 それと、第二特集の『幽』怪談文学賞の一次選考をお手伝いしたので、受賞作のうち水沫流人『七面坂心中』だけは事前に読んでいる。最終選考会のレポートを読んでもやや判りにくいかもしれないが、これも厳密には怪談ではない。怪談を契機に物語が転がっていくし怪異もちゃんと起きるので、これぞ「怪談文学」と呼ばれるのに相応しいのかもしれないけれど、幻に生き幻に殉ずる幽霊のような人々を描いたというか、とにかく不思議な小説であった。大胆な趣向の連続と先が読めない展開にぐいぐい引き込まれてあっという間に読了したものの、何だか茫然としてしまってすぐにもう一度読み返し、その後〆切が迫って最終的に評価を定める直前にまた読んでと、都合三度も読まされてしまった。怪談どころか、現在広くもてはやされている娯楽小説とはそもそも筆法がかけ離れているようにも思われ、出版されたらいったいどういう評価を受けるのか、興味津々である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »