« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の記事

2006/07/24

『下町の迷宮、昭和の幻』

 倉阪鬼一郎『下町の迷宮、昭和の幻』(実業之日本社)[bk1][Amazon]

 東京の下町を舞台に、銭湯や寄席、碁会所、紙芝居といった昔ながらの風俗を絡めたノスタルジックな味わいのホラー短篇集。だが、本書を単なる懐古趣味と安易に片づけてしまうのは間違いだろう。本書の収録作のほとんどは、現代の社会に居場所を見失ってしまった人々が主人公となっている。彼らはそもそも過去の幻に囚われているために現在に居場所がないか、あるいは理由のはっきりしない彷徨の果てに安住の地を過去の幻に見出していく。本書はいわば漂泊する魂の物語を集めているのである。だから、主人公が過去の幻に呑み込まれて肉体的な死を遂げても、むしろ胸のつかえが取れたような解放感が余韻として残る作品が多くなっている。

 ホラーらしい怪しさ恐さでは、「廃屋」と「紙人形の春」の二作が出色であった。「廃屋」は、なぜか次々と脳裏に浮かんでくる怪奇な自由律俳句が主人公を闇に誘うという、倉阪ならではの趣向が堪能できる。かつて紙芝居屋だった男が失われた禁断の記憶を取り戻していく「紙人形の春」は、微妙な暗示と鮮烈でグロテスクなイメージが巧みに配分され効果を挙げている。鬱屈した青年囲碁棋士が古文書を通じて江戸時代の無名棋士の霊と交感していく「絵蝋燭」は、ラヴクラフトの「チャールズ・デクスター・ウォードの奇怪な事件」を思わせつつも物語はむしろ正反対に展開していき、さわやかな結末を迎えるのが興味深い。締めくくりを飾る「跨線橋から」は、詳細は伏せるが倉阪のこれまでのキャリアに照らすとかなりの異色作で、倉阪の作品に慣れ親しんできた読者であればあるほど意外に思われるかも知れない。しかし、本書を通読すれば少しも違和感はなく、むしろ必然の帰結であるとすら私には感じられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/23

立体怪奇映画『骸骨面』

 この春から、以前にベータのビデオデッキでテレビ放送を録画したテープをDVD-RAMにダビングする作業を断続的に続けている。だいたい20~25年ぐらい前のものが多く、中にはテープがダメになって再生できないものもあったりで、滑り込みセーフという感じである。8割方完了して、ついにベータのビデオデッキとお別れする日が近づいてきたなと思っていたところ、先日何年ぶりかに会った大学時代の友人から「20年間借りっぱなしだったのが出てきた」と2本のベータのテープが返却されてきた。『骸骨面』『妖婆死棺の呪い』である。これまた滑り込みセーフというべきか。

 ゴーゴリの『ヴイイ』を映画化したロシア産妖怪映画『妖婆死棺の呪い』はそれなりに知られているが、『骸骨面』の方はまさに知る人ぞ知るカルト映画というやつだろう。ネットでもほとんど感想などは見られないようだ。これは1962年アメリカ製のB級ホラー映画で、赤青のセロファンのメガネをかけて鑑賞する立体映画なのが売りであった。私が録画したのは、たぶん1982~1985年ぐらいに近畿のUHF局サンテレビかテレビ大阪で『THE MASK 呪われた仮面』として放映されたもの。オリジナルの上映時間は84分らしいのに1時間半枠の放送なので、いくらかカットされているはずだが、ちゃんと立体映画になっている。どうも記憶が曖昧で申し訳ないが、確か「立体映画を放送します!」と大々的に宣伝して、電器店で赤青メガネを事前に配布したのだったと思う。

Mask

  そのメガネがこちら。番組の最初に局のアナウンサーらしきお姉さんが現れてメガネの使用方法を説明してくれるので、それに従って20年ぶりにこの映画を再見してみた。

 タイトルの骸骨面とは、南米で発掘された儀式用の不気味な仮面のこと。これを被ると恐ろしい幻覚が見えて、精神に変調を来すのである。主人公は精神科医で、仮面の魔力の虜となった青年考古学者から相談を受けるのだが、あまりにも異常な話なのでまともに取り合わない。絶望した考古学者はピストル自殺を遂げ、仮面は精神科医の手に渡る。彼は仮面の恐ろしさを考古学者から聞いていたにもかかわらず、好奇心を抑えきれずに仮面を被ってしまう。彼の目の前に現れたのは、古代の人身御供の儀式と思しき光景だった……。

 この幻覚シーンが、見せ場の立体映像になっているというわけだ。スモークの立ちこめた森のセットをゾンビのようなメイクの青年がさ迷うパントマイム劇仕立てで、祭壇で艶めかしい女性が生贄にされるのを目撃したり、自分が生贄にされそうになったり、骸骨面を被った怪人に行く手を阻まれ炎を浴びせかけられたり……グロテスクで、脈絡があるようで無いようなところはまさに悪夢のようなのだけど、低予算映画だけにかなり安っぽく演出もぎごちない。炎が観客に向かって飛んでくるとか、立体映画を意識した絵作りにはなっている。でもまあ、この時代の立体映画ですから効果のほどはお察しください。精神科医は劇中で3回仮面を被るので、幻覚シーンも3回ある。しかし、回を重ねる毎に何かが明らかになって行くわけでもなく、描写がエスカレートしていくでもなく、ずっと同じテンションで似たような趣向の場面が繰り返されるばかりなのが侘びしい。そういうところが安っぽさと相俟って、異様な雰囲気を醸し出していると言えもなくもないけど。

 だが、制作側としてはこれらの幻覚シーンにほとんど全力を傾注しているようで、本筋のドラマの方は至って地味。仮面に魅了された主人公が徐々におかしくなっていくのだけれども、いつまで経ってもあんまり大したことは起きない。様子が変なのを気遣ってくれている恋人に逆ギレしてつらくあたるとか、自分の医院に勤めるブロンド美人の受付嬢にちょっかいを出し、興奮してきて首を絞めようとするがあっさり逃げられたりとか。最後は恋人にも仮面を被らせて幻覚を体験することを強要するが、これまた簡単にはぐらかされる。逆上して彼女の首を絞め始めたところへ刑事が駆けつけ、空手チョップを喰らってあえなくダウン──なんともしょぼいのである。『ウィアード・テイルズ』あたりの凡作ホラー小説みたいな感じですな。

 とまあ、埋もれてしまっているのが頷けるような出来で、古さダメさも含めて楽しめてしまうような人でないと、とても見られたものではないだろう。しかし、そういう割り切り方ができるなら、ホラー映画としてもありそうでいて実はなかなかないような題材の映画なので、一見の価値はあるかも知れない。

 ところで私が録画したこの放送、番組内で何度か「一部地域の販売店で、メガネが品切れになったところがあったことをお詫びします」というようなテロップが流れているから、当時はそれなりに話題になったのかも知れない。前述の通り私は放送日時や放送局、メガネの販売形態などについての記憶があやふやなのだけど、もしはっきりしたことをご記憶の方がいらっしゃったら、ぜひご教示ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/19

『大魔神』

 KBS京都の「中島貞夫の邦画招待席」で『大魔神』を放送していたので、久しぶりに見た。たぶん10年ぶりぐらいではないだろうか。三部作のレーザーディスクBOXも持っているのだけど、今はプレイヤーをテレビに接続していないので見られないのである。

 何度見返しても、これは凄い映画だ。とはいえ、誰もが認める名作だけにさんざん語り尽くされた感もあるので、これまであまり言及されていないようなところに話を絞ろう。

 巨大に見える大魔神だが、実はたった4.5mの身長しかないことは、あまり知られていないのではないだろうか。2階建の住宅よりも低く、せいぜい大きめの乗用車が直立したぐらいのサイズと、日本の巨大怪獣の中では最小の部類に属する。合成カットの縮尺も概ねうまくいっているし、実物大の全身像や手足だけの作り物も多用しているから、画面の中でも確かに4.5mの大きさになっている。だが、人間に迫ってくるようなカットでは、大きくて視界に収まりきらないという見え方になるようなアングルを選んで撮っており、そのインパクトが強烈なためにとてつもない大きさに感じられるのである。さらに、全身を震わせ土埃を巻き上げながら歩き、実際に自重でミニチュアセットを破壊してしまえる、着ぐるみ特撮ならではの重量感も一役買っている。例えば、大魔神より身長が遙かに高い『アルゴ探検隊の大冒険』の動く青銅像タロスと比較してみるといい。ロングのカットはさすがに巨匠ハリーハウゼンの巧みな演出で巨大に見せているが、寄り気味のカットになると、大魔神の方がずっと大きく重く見えるはずだ。

『大魔神』の物語は一見シンプルな勧善懲悪に見えて、そう言い切きれないところもあり、なかなか複雑だ。映画の導入部の説明では、かつてアラカツマという恐ろしい荒神がいて、それを名なしの(? 少なくとも劇中では名は明かされていない)武神が山に封じ込めて領民を救ったのだという。神の山の巨大な石像は、武神を象ったものなのである。そして巫女の信夫はその武神に仕え、領民も武神を崇めているというのだが、彼らを救済したのは武神像が変身した魔神アラカツマだった。そしてラストでは、武神像は崩壊し、そこから抜け出した光り物だけが山に帰っていく。これはつまり、山にいた神は一柱のみ、つまり名のない武神と魔神アラカツマは表裏一体のものであることを示しているのではないだろうか。気に障るといつ何時恐ろしい姿に変じて祟るかも知れない、恐ろしい神。それが彼らの「お山の神様」なのではないか。

 この神が怒りを示したのは巫女が領主に斬殺され、武神像に鏨が打ち込まれた後のことであって、それ以前には領民の苦難に関心があったそぶりは一切ない。前領主の忘れ形見の娘の涙ながらの懇願にも神は耳を貸さず、彼女が滝に我が身を投げて捧げようとしたときになって、ようやく重い腰を上げる。確かに、純真な乙女の祈りに感じ入ったのだろう。しかしこの時、果たして神の側に、善悪というような人間的な基準による判断があったのだろうか? 私には、「何や知らんがアンタがそこまで頼むなら……あの領主はワシも気に入らんしなあ」という程度の気まぐれであったように思えてならない。だから、動き出した神は領主を殺した後も暴れ続け、無辜の領民まで見境なく手に掛けてしまうのだろう。その暴虐を止めたのは、またしても乙女の命懸けの懇願であった。ここでもまた、善悪という基準を認めるのは難しい。だが、神とは本来、人間とはかけ離れているからこそ神だったはずだ。人の営為など顧みない身勝手さゆえに、大魔神はますます大きく見えているのである。

『大魔神』をリメイクする企画は何度となく現れては消えていたが、2008年の公開を目指して、現在新たな企画が立ち上げられている。監督は、『妖怪大戦争』のリメイクを水準以上に仕上げて見せた三池崇史。「かつて描かれてこなかった「大魔神」誕生の秘密がここに明かされる!!」というのだが、果たしてオリジナル版の微妙なキャラクターをちゃんと尊重したリメイクにしてくれるのだろうか? オリジナル版では大魔神に近いキャラクターであったはずの世界最大最強の怪獣モスラが、「やさしい善玉怪獣」なんて骨抜きにされ続けている惨状を思うと、どうも私は不安をぬぐい切れないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/07/14

『ピースサイン』

福澤徹三『ピースサイン』(双葉社)[bk1][Amazon]

 文庫化による重複を除くと、福澤徹三の5冊目のホラー短篇集である。2002年から2005年にかけて『小説推理』誌に発表された全7篇を収録している。表題作を始め5篇は、職場の人間関係のもつれや家庭内の不和といった現実の恐怖に追い詰められた人々が超自然の恐怖にとどめを刺されるという陰々滅々とした怪談で、どれも読者の期待を裏切らない手堅い仕上がりである。

 だが本書の収穫はむしろ、一応怪談ではあるものの恐怖小説の枠には収まりきらない、「夏の収束」「帰郷」の2篇だろう。どん底の現実を見据え、ほとんどヤケクソになりつつもともかく生き続けていくこれらの小説の主人公たちの姿には、福澤のもう一つの柱であるアウトロー小説と怪談との融合の可能性が見え、恐くておかしくて切ない独自の境地に達している。特に「夏の収束」のような、ダメ人間同士の友情物語で賭博を通じた宇宙論で怪談などという話は、福澤以外の誰も書かないし書けないであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »