« 購書備忘録2005その48『泪坂』 | トップページ | 『マーダー・アイアン 絶対鋼鉄』 »

2005/09/12

購書備忘録2005その49『火星の運河』

bk1より下記3冊が届く。

東雅夫編・江戸川乱歩『火星の運河』(角川ホラー文庫)[bk1][Amazon]
 表題作や「芋虫」の初出バージョンの他、「怪談入門」に代表されるホラー系批評や怪奇趣味にまつわるエッセイ等、乱歩の怪奇幻想系の文章を集めたホラー読本──と書くと、乱歩の書くものはぜんぶ怪奇幻想ではないかと言われてしまいそうだけど、彼は自分を推理作家と規定していたため、ほんとうに怪奇に徹した文章は案外少ないのである。一般的なホラー・ファンの関心の対象になるようなものは、創作を除くと本書でほぼ網羅できてしまうのではないだろうか。
 実のところ、乱歩の文学では幻想よりも幻滅の方がはるかに強いことは、代表作の一つである「赤い家」を結末の似通っているマッケンの「三人の詐欺師」(『怪奇クラブ』)と読み比べでもすれば、一目瞭然であろう。有名な「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと」という対句は、かくあれかしという理想を語った反語として理解すべきなのである。とはいえ乱歩は、マッケンのようにとことん幻想の彼方へ突き抜けた境地に対して、深い共感を抱いていた。本書に収録されているホラー批評の中でも、マッケン、ブラックウッド、ラヴクラフトら乱歩が言うところの《別世界怪談》作家たちについての評言は、本邦では今なお匹敵するものがないほど的確であり、熱い。
 濃く熱い怪奇の血を持ちながら、幻想に徹して彼岸に突き抜けることはできなかった乱歩。その乱歩が、今もって怪奇幻想の一人者とされている日本。こうした現実を見据え、近代日本のホラー小説の歴史をただ礼賛するのではなく、批判的に検証してみる作業も必要かも知れない。

東雅夫編『血と薔薇の誘う夜に』(角川ホラー文庫)[bk1][Amazon]
 日本の近・現代の吸血鬼文学の流れを一望せんとしたアンソロジーで、全16篇を収録している。編者が1999年に桜桃書房から出した『屍鬼の血族』[Amazon]の改編文庫化という趣の本であるが、海外吸血鬼小説邦訳の嚆矢と目されるというE・H・ヘロン作/松居松葉訳の「血を吸う怪」が初復刻されているので、買わないわけにはいけない。

カービー・マッコーリー編『闇の展覧会 罠』(ハヤカワ文庫NV)[bk1][Amazon]
 改装版の第2巻。この巻の収録作は、何といってもT・E・D・クライン「王国の子ら」につきる。いや、もちろん他にもいい作品はあるのだが、「王国の子ら」の素晴らしさの前では霞んでしまう。巻末解説は中村融が書いており、英米の書き下ろしホラー・アンソロジーの歴史を簡便にまとめている。

|

« 購書備忘録2005その48『泪坂』 | トップページ | 『マーダー・アイアン 絶対鋼鉄』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73976/9048758

この記事へのトラックバック一覧です: 購書備忘録2005その49『火星の運河』:

« 購書備忘録2005その48『泪坂』 | トップページ | 『マーダー・アイアン 絶対鋼鉄』 »