« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月の記事

2005/06/30

購書備忘録2005その37 現代SF1500冊 乱闘編 1975-1995

Amazonより下記2冊が届く。
大森望『現代SF1500冊 乱闘編 1975-1995』(太田出版)[bk1][Amazon]
 著者が1987年から各雑誌に書いたSF時評をまとめた二分冊の上巻。なのに書名が「1975-」となっているのは、新たに1975年から80年代末までの翻訳SF出版史を書き下ろして収録しているから。他にもところどころに時代背景の解説が加えられていて、当時を知らない世代にも読みやすくなっている。
また、特に初期の方は、<乱闘編>という副題が伊達ではないアグレッシブさが面白い。リアルタイムの読書の手引きとしてはともかく、本書のように後世読み返すには、これぐらいの方が問題意識がはっきり判っていいように思う。

諸星大二郎『キョウコのキョウは恐怖の恐』(講談社)[bk1][Amazon]
 漫画家諸星大二郎の短篇小説集で、全5篇の怪奇短篇を収録している。昨年、新刊時に買い逃していたのを、定期購読している古書情報誌『彷書月刊』7月号の諸星大二郎特集のおかげで思い出して購入した。

 bk1からも、4冊。
『海上保安庁パーフェクトガイド』(学習研究社)[bk1][Amazon]
 海上保安庁を紹介したムック本。業務の概要や組織編成、巡視船や航空機など各種装備の解説を手際よくまとめている。日本を取り巻く国際情勢が複雑化しつつある中、海上保安庁は日本の海の安全を護って実戦にもっとも近い位置にありながら、老朽化しつつある巡視船を更新していく予算にすら事欠くのが現状なのだという。不審船事件や、マンガ『海猿』の映画化・ドラマ化のおかげで、以前と比べれば海上保安庁も国民に親しまれてきてはいるが、もっと注目されてしかるべきなのではないだろうか。

関山守弥『日本の海の幽霊・妖怪』(中公文庫)[bk1][Amazon]
 中公文庫の妖怪本。著者は1981年に物故した在野の研究家で、本書は遺稿を私家版として出版したものの文庫化だという。巻末解説によると、本書は海の怪異の豊富な伝承を丹念に集め紹介した文献としてたいへん価値が高いものの、現在の研究水準に照らすと怪異の解釈が幽霊に偏っているので、注意を要するとのこと。このように安易な提灯持ちに陥らない解説は、実際役に立つし読んでいて気持ちがいい。

朱川湊人『花まんま』(文藝春秋) [bk1][Amazon]
 全6篇を収録した怪奇短篇集。巻頭の「トカビの夜」は、怪獣ファン感涙ものだとか。怪獣ファン向けの小説というのは、かつてはそれほど多くなかったのに、最近はずいぶん増えた気がする。本書の著者もそうだが、ウルトラ・シリーズを見て育った世代の作家が増えたせいなのだろう。

デイヴィッド・イーリイ『大尉のいのしし狩り』(晶文社)[bk1][Amazon]
『ヨットクラブ』[bk1][Amazon]が好評だったらしく、晶文社からデイヴィッド・イーリイの短篇集第二弾が出た。全15篇を収録している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/26

購書備忘録2005その36 ウィルキー・コリンズ読本

 東京に住んでいる大学時代のサークルの後輩が所用で帰省してきたので、もう1人川西に住む後輩を呼び出し、梅田で落ち合って方々散策した。まず、かっぱ横町の古書店街で、1冊。

Andrew Gasson "Wilkie Collins:An Illustrated Guide"(1998,Oxford University Press)
 書名のとおり、図版を満載したウィルキー・コリンズ読本である。大判のハードカバーで200ページ弱、短文の項目をアルファベット順に並べた事典形式になっているので、私のように英語が苦手な者にも読みやすい。本の状態もまずまずで値段も手頃だったし、これはなかなか良い拾いものだったかも。

続いて、ジュンク堂書店で新刊雑誌を2冊。

『ミステリマガジン』8月号(早川書房)
 <新旧異色作家競演>特集。特集解説で尾之上浩司氏も書いているとおり、「異色作家短篇」という言葉は、早川書房の叢書<異色作家短篇集>を起源とするもので、英米にはそういう言葉も概念もない。とはいえ、この種の作家・作品を言い表すのにはまさにぴったりなので、日本では広く定着しているのである。では、なぜあちらでは、このような便利なジャンル分けを使わないのだろう? まあ、身も蓋もない言い方をすれば「早川書房が無かったから」で済む話なのだが、ひょっとしたらその背景には、短篇小説というものについての彼我の意識の違いがあるのではないだろうか。
 文学史的には英語圏の短篇short storyと長篇novelは、長さの長短のみならず内容も違うジャンルであって、かつては写実を旨とするnovelでは日常を逸脱した奇怪な題材を扱うことは原則として認められず、short storyではそのような制限がなかった。そのせいもあって、怪奇幻想小説は短篇を主流に発展してきたのである。古い作家ではレ・ファニュ、新しいところではエリザベス・ボウエンやL・P・ハートリーなど(って、ぜんぜん新しくないな……)が典型的な例で、彼らは怪奇短篇の創作に情熱を注ぐ一方で、長篇では写実に徹し続けた。つまり逆に言うと、novelならぬshort storyにおいては「異色」はまったく異色ではないとも言えるわけで、だからあえて別扱いする発想が出てこないのではないかと──これはぜんぜん裏を取っていない思いつきの推論に過ぎないので、悪しからず。

『SFマガジン』8月号
 こちらは映画に合わせた<宇宙戦争>特集。ただし、『スター・ウォーズ』その他と抱き合わせになっている。『スター・ウォーズ』に関心のない私としては、『宇宙戦争』のみで特集を組んで欲しかったところだが、まあ少数意見でしょうな。それと、どこかで1つぐらいは1953年版の『宇宙戦争』をクローズアップしてくれる雑誌やムックが出ないかと期待しているのだけど、やっぱり難しいだろうか。『宇宙船』が生き残っていれば、可能性があったかもなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/23

怪談専門誌『幽』第3号

 メディアファクトリーより、怪談専門誌『幽』第3号[bk1][Amazon]の見本が届く。ヘンリー・ジェイムズ『ねじの回転 心霊小説傑作選』(創元推理文庫)[bk1][Amazon]の書評を担当させていただいたのである。ジェイムズの怪奇小説については何度か当ブログで取り上げているので、併せて読んでいただければと思う。

 実は、そういう時のためにと思って、画面左側のバーにココログ専用サーチエンジン「ココログル」の検索窓を設けておいたのだが、いつの間にかうまく動かなくなっているようだ。よそのココログはヒットするのに、なぜか当ブログだけが無視されてしまう。どうなっているのだろう? 仕方ないので、該当分のリンクを下記しておく。

2005/04/09 購書備忘録2005その21『ねじの回転 心霊小説傑作選』
2005/04/23 ヘンリー・ジェイムズ怪奇作品リスト(暫定版)
2005/04/24 購書備忘録2005その26『アメリカ短篇小説の研究』
2005/04/27 購書備忘録2005その27『マイティジャック THE SHADOW FORCE』
2005/05/09 購書備忘録2005その30『ヘンリー・ジェイムズ「ニューヨーク版」序文集』

 今回の『幽』の巻頭特集は、内田百閒。『冥途』収録作の原型となった初期作品の採録や、故郷岡山を巡る紀行文などで、百閒怪談の原風景に迫ろうとする構成。怪談専門誌なので、土俗的な怪談の伝統との繋がりに重きを置いた感じになっている。もちろんこれはこれで興味深いけれど、もしもホラー専門誌が存在して、和製モダン・ホラーの極みでもあるこの作家の特集を組むとしたら、どう取り上げるだろうか?……などと、ついぼんやり夢想に耽ってしまった。

 創刊号の作家特集が小泉八雲、2号が岡本綺堂、3号が内田百閒となると、4号は泉鏡花か田中貢太郎あたりだろうか? 意表を突いて畑耕一とか──あり得ないな……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/17

購書備忘録2005その35『亡者の家』

 Amazonより下記2冊が届く。

福澤徹三『亡者の家』(光文社文庫)[bk1][Amazon]
 サラ金の取り立て担当者のすさんだ日常に忍び寄る怪異を描く、書き下ろし長篇ホラー──とのことで一気読みしたのだが、何とホラーではなくスリラーだった……。帯にもカバーにも解説にもホラーであるかのように紹介されているのだが、作品そのものはホラーと思わせて実はスリラーというのでもなく、徹頭徹尾スリラーだったのである。
 念のため断っておくが、これは作品の良し悪しとは関係がない。もともとアウトローの世界を描くことに長けている著者だけに、取り立て屋にしてはお人好しな主人公が次第に修羅の道に引きずり込まれていく過程にはたいへん説得力があり、読者を掴んで離さない吸引力が本書にはある。ただ、そこに描かれている恐怖の質が、まったく人間の世界のものだというだけのことなのである。
 本書の著者福澤徹三は、2000年に書き下ろし短篇集『幻日』[bk1][Amazon]で衝撃的なデビューを飾って以来、当代随一の怪奇小説の名手として活躍してきた。本書も「恐い小説」ではあるので、版元としてはホラーとして売り出した方が固定客が買いやすかろうという判断なのかもしれない。もしそうだとして、そういう売れ方が本書や著者にとってほんとうに幸せなことだろうか? 福澤は、処女長篇『真夜中の金魚』[bk1][Amazon]で、ホラー的な要素とは無縁なアウトロー小説の才能を、すでに見せてもいるのに。どこまでもスリラーでしかない本書のような作品までホラーとして売るのは、作家と作品を不当に特定のジャンルに縛り付けることにしかならないのではないだろうか。

シオドア・スタージョン『輝く断片』(河出書房新社)[bk1][Amazon]
 またもスタージョンの邦訳が出た。今度はミステリ短篇集とのこと。彼の場合は、どのジャンルだろうとまずスタージョン小説であるとでも言おうか、ジャンルの規範よりも著者の個性の方がはるかに強烈なので、どんな売り方をしようがファンは必ず買うのだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/10

購書備忘録2005その34『紫の館の幻惑 卍卍教殺人事件』

 Amazonより下記3冊が届く。

倉阪鬼一郎『紫の館の幻惑 卍卍教殺人事件』(講談社ノベルス)[bk1][Amazon]
 吸血鬼にされてしまった幽霊実話ライターと怪奇翻訳家兼怪奇俳人のコンビが怪事件に挑む、<ゴーストハンターと黒川>シリーズの最新刊。いよいよ吸血鬼原理主義者たちとの全面対決になるとのことで、楽しみである。ただ、カバー画の主役コンビは美形すぎるような? 本文では、ええ歳したオッサンのイメージなんだけど……。初めて読む人が驚くかも。
「初めて読む」と言えば、このシリーズは本書カバーの著者の言葉の通り、各巻単独で読めるように書かれている。しかし、以前の巻も併せて読めば、主役コンビへの親しみも増すし倉阪の作風の推移も判って、よりいっそう楽しめるはずである。下記にリストを挙げておくので、ご参考にしていただきたい。(3)のみ品切れのようなので、版元はぜひ文庫化を!

(1)『百鬼譚の夜』(1997,出版芸術社)[bk1][Amazon]
(2)『赤い額縁』(1998,幻冬舎)[bk1][Amazon]
(3)『白い館の惨劇』(2000,幻冬舎)
(4)『青い館の崩壊 ブルー・ローズ殺人事件』(2002,講談社ノベルス)[bk1][Amazon](2005,講談社文庫)[bk1][Amazon]
(5)『紫の館の幻惑 卍卍教殺人事件』

大瀧啓裕編・オーガスト・ダーレス他『クトゥルー 13』(青心社文庫)[bk1][Amazon]
 ハードカバー版からだとからだと25年も続いた青心社のクトゥルー・シリーズも、これで完結とのこと。もう海外ホラーは出してくれないのだろうか? 収録作は下記の通り。※印は初訳だと思う。

オーガスト・ダーレス「彼方からあらわれたもの」Something from Out There※
オーガスト・ダーレス「エリック・ホウムの死」The Passing of Eric Holm※
R・B・ジョンスン「遙かな地底で」Far Below
ヘンリイ・ハーセ「本を守護する者」The Guardian of the Book
ロバート・ブロック「哄笑する食屍鬼」The Grinning Ghoul
ロバート・ブロック「ブバスティスの子ら」The Brood of Bubastis
ヘンリイ・カットナー「恐怖の鐘」Bells of Horror※
C・ホール・トムスン「緑の深淵の落とし子」Spawn of the Green Abyss
ジェイムズ・ウェイド「深きものども」The Deep Ones※

他に資料として、ラヴクラフトの書簡抜粋とフランシス・T・レイニイによる神話用語集、編者による関連グッズ紹介などが付されているが、収録作各篇についての解説が無い。初訳もあるのだから、解説は欲しかった。
 なお、版元のホームページによると、クトゥルー・シリーズ全13巻を化粧箱に収めたBOXセットも発売されるそうだ。どうしようかなあ。化粧箱の他に何かもう1つ、特典があればと思うのだが。

H・G・ウェルズ『宇宙戦争』(創元推理文庫)[bk1][Amazon]
 またも『宇宙戦争』の新訳を買ってしまった。この創元推理文庫版は、中村融による訳・解説。初出誌の挿絵が復刻されていたり、地図が付いていたりで、お買い得感がある。さて、残るは角川文庫版だが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/06

購書備忘録2005その33 『SFベスト201』

Amazonより下記5冊が届く。

伊藤典夫編『SFベスト201』(新書館)[bk1][Amazon]
 現代海外SFのガイドブック。諸事情により企画が立ってから刊行されるまでかなり長くかかったそうで、そのせいなのか、ややコンセプトが分かりにくくなってしまっている。
 編者の序文によると、本書はもともと1978年に自由国民社から出た『世界のSF文学総解説』の後を受ける意味合いの企画だったとのこと。1970年代前半から2000年までに邦訳された海外SFが紹介されているのだが、どういうわけか邦訳時期の逆順という変わった配列で紹介されているのである(ちなみに『世界のSF文学総解説』では、テーマ別分類だった)。20世紀最終四半期の日本における海外SF受容を遡って考えるというのならともかく、『SFベスト──』という書名とはそぐわないように思う。検索するにも不便だし、どうしてこのような配列にしたのだろう? また、最新が2000年というのも、今となっては物足りない感じがするのは否めない。ガイドの要であるそれぞれの紹介文は決して悪くはないし、パラダイムシフトとSFとの関係を中心に語った編者序文も読み応えがあるだけに、たいへん惜しい気がする。

マーク・マクシェイン『雨の午後の降霊会』(創元推理文庫)[bk1][Amazon]
 うだつのあがらない女性霊媒師とその夫が、インチキ透視のために女の子を誘拐するが──1964年の『雨の午後の降霊祭』[Amazon]、1999年の『降霊』[Amazon]と二度も映像化もされた、知る人ぞ知る英国産ホラー・ミステリ長篇。『幻想文学』の別冊『モダンホラー・スペシャル』[bk1][Amazon]で紹介を書かせてもらったぐらいだから、当然トパーズ・プレスの初訳版を持っているのだが、文庫化に当たって訳文が手直しされているとのことなので購入した。力押しの厚塗りモダンホラーとは違い、小粒ながら捻りが効いている洗練された佳品なので、未読の方はこの機会にぜひご一読を。

ロバート・ネイサン『ジェニーの肖像』(創元推理文庫)[bk1][Amazon]
 これはもう説明の必要もない、ファンタジーの古典的名作である。これまた他の版で持っているが、新訳なので買った。「それゆえに愛は戻る」を併録。

マーシュ・ゲルバート&トニー・ブライアン『イスラエル軍現用戦車と兵員輸送車1985-2004 オスプレイ・ミリタリー・シリーズ・世界の戦車イラストレイテッド33』(大日本絵画)[bk1][Amazon]
 時には中古車輌の改造で、時には新規開発で、豊富な実戦経験に基づいたユニークな装甲戦闘車両を次々と生み出し続けているイスラエルの、近年の動向を手際よくまとめたもの。政治的にはいろいろとある国だが、手持ちの機材を限界まで改良し続けて有効活用する兵器開発の姿勢には、学ぶべきところが多い。

高橋昇『日本の戦車と軍用車両』(文林堂)[bk1][Amazon]
 日本軍が使った車輌全般を、網羅的に解説したもの。何しろ、戦車と自走砲で全体の3分の1ほどの紙幅にしかならないのである。装甲列車や各種工作車輌、救急車、給水車、軍馬運搬車等々、これほど多様な車種を1冊にまとめた本は、かつて無かったのではないだろうか。図版がすべてモノクロなのがやや残念だが、その分廉価なので贅沢は言うまい。

 bk1からも1冊。
真梨幸子『孤虫症』(講談社)[bk1][Amazon]
  第32回メフィスト賞受賞作のホラー長篇。セックスを媒介に広がる寄生虫と、その被害者たちの爛れた人間関係を描いているらしい。帯には「ここにも、ここにもブツブツが! ああ、痒い、痒い、痒い、体中が痒い!」と不快感を煽る文句が書いてあって、カバーにもわざわざブツブツの加工が施されている。書店の紙カバーなどは付けないで読むべきか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/05

購書備忘録2005その32 八尾東大阪古書店巡り

 八尾市西部と東大阪南西部で古書店巡り。休日出勤のついでなのでたいして回れなかった上に、事前にインターネットタウンページで検索したにもかかわらず休・廃業してしまっていた店が多く、収穫は下記の3冊のみ。

グレン・ラーソン&ロバート・サーストン『宇宙空母ギャラクチカ』(1981,三笠書房)
 70年代末のSF映画ブームに乗って作られた同名SFテレビ・シリーズのノベライズ。初版帯付きではあるが、実はほんとうの初版は先行公開された映画版封切時に出ている『宇宙空母ギャラクティカ』(1979,三笠書房)で、この本はテレビ放映開始に合わせた改題バージョンなのである。書名だけではなく、本文の艦名もちゃんとギャラクティカからギャラクチカに変更されている。
 テレビ版はかなりだるい仕上がりだったが、メカだけはやたらとかっこよかった──って『マイティジャック』とまるで同じだなあ。またまた同じく、コナミから食玩も発売されていたりする。だが、こちらは『マイティジャック』と違ってアメリカで最近、リメイク版テレビ・シリーズが作られている。冒頭のエピソードのみ日本版DVD[Amazon]も発売されていてメカもお話しもなかなか良いらしい。私はまだ観ていないのだけど。個人のサイトながらたいへん詳しい紹介が、こちらにある

岩本隆雄『星虫』(1990,新潮文庫)
 第一回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作になった、ファースト・コンタクトもののSF長篇。ああこれは持ってるような……と思いつつ、初版帯付き格安なので買ってしまった。帰宅後に確認すると、帯欠だがやはり持っていたのだった。ふ、よくある話さ。
 この小説、新潮文庫の初版とソノラマ文庫の現行版[bk1][Amazon]とで、かなり異同があるのだそうで。近々アニメ化されるらしいが、初版にプレミア付かないかなあと、さもしいことを考えたり。

日本兵器研究会『現代戦車のテクノロジー』(2001,アリアドネ企画)[bk1][Amazon]
 現代戦車関連の概説書。最新型のメカニズムだけでなく、戦車の誕生から現代までの歴史や運用法戦車メーカーや市場の動向など、幅広い話題を過不足無くカバーしており、戦車というものについて手っ取り早く概要を知るには手頃だろう。

 帰途、難波の新刊書店で特撮雑誌『宇宙船』の休刊号を買う。もう何年か前から勢いが衰えている感が否めなかったが、創刊以来25年も買い続けてきただけにやはり寂しい。これから、特撮物の新作についての情報をどうしよう。『特撮ニュータイプ』っていまいち買う気しないし、ネットのみに頼るのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »