« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月の記事

2005/05/25

購書備忘録2005その31『黒騎士物語外伝』

 bk1から、下記2冊が届く。

小林源文『黒騎士物語外伝』(世界文化社)[bk1][Amazon]
 浮き沈みの激しいマンガ業界でもう30年近く活躍しているのだから、小林源文も、もうベテランと言っていいだろう。しかし、実際の知名度となると、ミリタリー模型ファンを中心とした読者に限られているように思われる。
 彼の作品は劇画と呼ばれていることが多くて、確かにリアルな画風ではあるものの、明らかに劇画の絵ではない。大友克洋以降のリアル系マンガの絵ともまた違う。マンガや劇画の絵が持っている記号性は希薄で、もっと絵画そのものに近い絵なのである。強いて言うなら小松崎茂や山川惣治らの絵物語の絵に近いのだが、コマ割りや吹き出しの使い方はマンガの手法に沿っていて、絵物語とは言えない。擬音の使い方などはアメコミに似ているが、ほかにはアメコミを思わせるところはまったくない。全体を見ると、これまでのどれにも似通ったものがなく、小林源文調のマンガという以外にないのである。私はマンガに詳しくないので安易に断言できないけども、マンガ史上でもかなりユニークな作風なのではないだろうか。ただ、ユニークすぎて少々読みにくいと感じる向きもあるかも知れない。
 題材としては戦記物、それも陸戦を得意にしており、絵ばかりでなく内容もたいへんにリアルなもので、隅々まで行き届いた考証と戦場を覆う狂気を冷徹に見据える姿勢が、軍事オタク層の絶大な支持を受けている。もっともその徹底ぶりがまた、彼のマンガを一般読者から遠ざけているような気もするのだが。浪花節に陥らないドライな戦記物は、日本ではまだまだマイナーなのである。
 本書は小林源文の出世作『黒騎士物語』(日本出版社)[bk1][Amazon]の外伝で、私は正伝を雑誌掲載時から愛読していたのだが、4年も前に外伝が出ていたとはちっとも知らなかった。このシリーズは、ドイツ国防軍の英雄的な戦車中隊長バウアー中尉(架空の人物である)を主人公にしており、比較的ふつうのヒーロー物のフォーマットに則っているので、これから源文マンガを読んでいこうという入門用には適しているだろう。もちろん、正伝から読んだ方がいい。

シオドア・スタージョン『ヴィーナス・プラスX』(国書刊行会)[bk1][Amazon]
 ふと目覚めると、男女の区別のない人々が住む謎の世界レダムにいた主人公が、住人に「あなたの目で私たちの文明を評価して下さい」と迫られるというSF長篇。スタージョンに根強い人気があることは、以前から古書価の相場などで何となく感じていたけれど、45年も前の長篇が今になって翻訳されるとは。このところの翻訳SF出版の勢いは、ほんとうに凄い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/09

購書備忘録2005その30『ヘンリー・ジェイムズ「ニューヨーク版」序文集』

 ネットで注文した古書が2冊届く。

多田敏男訳『ヘンリー・ジェイムズ「ニューヨーク版」序文集』(1990,関西大学出版部)
 書名の「ニューヨーク版」とは、ヘンリー・ジェイムズが1907年から1909年にかけて編んだ自選作品集"The Novels and Tales of Henry James New York Edition"のこと。略して「ニューヨーク版」とか「ニューヨーク版全集」と訳されることが多い。この作品集でジェイムズは自作を入念に改訂したばかりでなく、各巻に詳細な解説の序文を付している。これらの序文は、収録作の鑑賞の手引きとして役立つのはもちろん、ジェイムズの小説観を知る絶好の資料として、しばしば批評や研究で参照されている。
 実は、「ニューヨーク版」各巻の序文はジェイムズについての研究サイト"The Ladder : A Henry James Website"で全文が公開されており、無料で読むことができる。しかし、当然原文なので、私のように英語を読むが得意でない者にはつらいものがあった。そこへ、たまたまこの邦訳の古書が手頃な値段で見つかったので、さっそく注文したのだが、中身を一読して唖然とした。少々長いが、以下に「ねじの回転」について語った箇所を一部引用してみる──

 それほど重要でない困難も見られた。例えば、今日そんなにも広く行われている、幽霊の事例に対する心霊的記録に関連して提示したいといった種類の印象は、そういったものを保持しておきたいといった試みは、すべてあっさりと断念するだけでよかった。それらの報告書では、違った記号や状況がそれらの事例を特徴づけている。違ったことが──概してほとんど何もなされていないように見えるけれど──幽霊となって現れる人々によってなされているのである。しかし問題点は、決してなされないことがあるということである。そしてこのような否定的な量は少なくない──ある種の控えめな態度、特性そして動かしがたいものが、一貫して押し出してくるのである。言い換えるならば、記録され、実証された幽霊は、わざわざこの世に登場するだけの労を取ったことに──そして幽霊はそうすることが大変なことだとどうやら思っているらしいのだが──匹敵するほどには、ほとんど表現しないし、ほとんど劇的であることもなく、特に連続的でも、意識的でも、あるいは反応することもない。だから、ある与えられた時点では素晴らしく、興味深い存在かもしれないが、彼らは「行為」という面では、およそ考えられない連中なのである──そして「ねじの回転」は、どのように見ても行為であったし、そうでなかったら何の取柄もない。

──どうだろう? わが母校関西大学の教授の訳業に意見するのは気が退けるのだが、何を言っているか一度ですんなり飲み込むのは、相当に難しいのではないだろうか?
 次に、以前ご紹介した古茂田淳三編・訳『ねじのひねり他二篇 ?正解のない幽霊物語?』(1993,あぽろん社)の同じ箇所を引用する──

 困難と言ってもあまり深刻でないものもあり、例えばわたしが醸し出したく思った印象の種類や程度については、心霊学上出現したと記録されて来たあり余る幾多のケースに歩調を合わす試みは一切捨てることにした。これらの報告中では色々な兆候や付帯状況が事件の特色になっているし、色々な言動が──ただ言動は概して非常に稀なようだが──出現する人物によってなされるが、しかし肝要な点は絶対なされることのない事柄があるということで、このなされない部分の占める量が大きく──ある種の無言、慎み、動きのなさは一貫して際立っているのである。記録され証明付の「幽霊たち」は、言い換えるとわざわざ出現の労をとる──しかも察する所大変な労を取ってのことらしい──にも拘わらず予期に反して感情を示さず、活動も示さず、とりわけ長時間に亘らず、意識する風を見せず、反応しないのである。その故に一定の瞬間においては驚異的で興味深いものの、それらは『筋の展開』となると問題にならない人物像なのであるが──ところが「ねじのひねり」とは筋の展開一辺倒のものであり、さもなければ無価値なのであった。

──これならば、まあ意味は取れるだろう。こちらの訳についても、先の紹介で私は「いくら難物と名高いジェイムズの文体とはいえ、不必要に詰屈に訳しすぎている感があり、かなり読みにくい」と評したのだが、多田敏男訳に触れてしまった今では、自分が贅沢だったような気すらしてしまう。なお、今回の引用箇所の原文を参照されたい方は、こちらをどうぞ。
 よく指摘されるように「ねじの回転」の幽霊は、ゴシック小説などで深夜に血まみれのおぞましい姿を見せて大げさに嘆いてみせる古典的な幽霊とは違い、昼夜を問わず生前そのままの姿で静かに現れるといった点に、当時の心霊研究の事例を参考にしていることが明瞭に見て取れる。しかし、上記の引用からも判るとおり、ジェイムズはそうした現実のものとされる幽霊の記録と、小説としての幽霊物語の効果とはまったく別物であると峻別しており、いわば実話の幽霊を超えようとしていたのである。このように成立の背景まで踏み込んでジェイムズの諸作をより深く読み込むには、『「ニューヨーク版」序文集』はやはり欠かせない手掛かりであって、邦訳の存在意義は非常に大きい。それだけに訳文に難ありと言わざるを得ないのは、とても残念なことだ。
 また、序文のうち、「ねじの回転」に関する部分のみを日本語で読まれたいなら、『ねじのひねり他二篇 ?正解のない幽霊物語?』の方をお勧めしておく。

『ヘンリー・ジェイムズの世界─ジェイムズ評論集─』(1977 6版,北星堂書店)
 英米で定評のあるジェイムズ論を集めた評論アンソロジーで、全7篇を収録している。
 私のお目当ては、「ねじの回転」の幽霊を女性教師の妄想とする説を広めたエドマンド・ウィルソンの「ジェイムズの曖昧性」。「ニューヨーク版」の序文でジェイムズが新機軸のゴースト・ストーリー創作にかける情熱を熱く語っているのを読んでしまうと、幽霊妄想説はまったく説得力が感じられないのであるが、ともかく原典には触れておく必要があると思ったのだ。このように、検証のつもりで何かを読む場合には、自分の中にあるバイアスを極力排除しなければならないのが厄介である。だからといって、最初から諦めてしまうようでは話にならないのは言うまでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/03

購書備忘録2005その29『冷たい肌』

 bk1より下記5冊が届く。

 アルベール・サンチェス・ピニョル『冷たい肌』(中央公論新社)[bk1][Amazon]
 アイルランド独立運動の闘士だった主人公が挫折し、世捨て人のように絶海の孤島に気象観測官として赴任する。ところが、その島には人とも両生類ともつかぬ生物の群れが棲んでいて、夜な夜な海から這い上がり襲いかかってくるのだった。味方にできるのは、灯台に立て籠もっている野卑な男一人。男は怪物の雌を一匹ペットにしていて、どうやらそいつと肉体関係にあるらしい──という異様な小説。著者はバルセロナ生まれの文化人類学者で、この小説はカタルーニャ文学としては異例のベストセラーとなり、各国で翻訳出版されているのだそうだ。

チャック・パラニューク『ララバイ』(早川書房)[bk1][Amazon]
 私はまったく知らなかったが、著者パラニュークは映画『ファイト・クラブ』の原作者で邦訳はこれで5冊め、そのどれも暴力への衝動をモチーフにした小説ばかりなのだそうだ。本書は、乳幼児の突然死を調べていた記者が、聴いた者を瞬時に殺してしまう力を持つアフリカ起源の謎の子守歌に行き当たるというホラー。

レオポルト・フォン・ザッハー=マゾッホ『魂を漁る女』(中公文庫)[bk1][Amazon]
 マゾッホというとマゾヒズムの語源となった異常性愛小説の作家との印象があるが、それは彼の作品が孕むものの一部に過ぎないのだという。本書は異端信仰による連続殺人事件を通じて、西洋近代と東欧土着の神秘主義との相克を描いた暗黒小説で、マゾッホの代表的長篇とのこと。

フリッツ・ライバー『妖魔と二剣士』(創元推理文庫)[bk1][Amazon]
 長らく邦訳が中断していた<ファファード&グレイマウザー>シリーズの第4巻。続刊が出るに当たり、既刊分も含めて装画が柳柊二から末弥純に替わっている。確かに旧版の柳柊二の絵はどうも泥臭くてこのシリーズには今一つしっくり来なかったが、では今度の末弥純のゲーム風の絵がイメージ通りかというと、これも何だか線が細すぎて、またちょっと違うような気がする。難しいものである。

エドモンド・ハミルトン『反対進化』(創元SF文庫)[bk1][Amazon]
 エドモンド・ハミルトンの奇想SF短篇傑作選。続刊として怪奇幻想編も予定されているとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/02

映画『鬼火』を見る

 私の住まいがある地域はテレビの電波状態が悪いため、ケーブルテレビの回線を通じて地上波の無料放送を視聴しているのだが、ケーブルテレビの有料放送はサービスに加入していないので見られない。有料放送で見たい番組があるときには、二世帯住宅で同居している父が加入者なので、そちらに頼ることになる。今日はチャンネルNECOで、千葉泰樹が吉屋信子の短篇を映画化した『鬼火』(1956)が放映されたので、録画させてもらってさっそく鑑賞した。

 吉屋信子の「鬼火」(1951)は、国産怪奇小説アンソロジーの定番である中島河太郎・紀田順一郎編『現代怪奇小説集』に収録されたりもしているので、読まれた方も多いかも知れない。重病で寝たきりの夫を抱えて困窮している人妻に対し、ガスの集金人が料金を勘弁する代わりに肉体を要求したために起きる悲劇を描いた小品である。明確な超自然現象があるわけではないのだが語り口は怪談そのもので、不幸な夫婦の無念の思いを伝えるかのように燃え続けるガスの炎(これがタイトルの「鬼火」なのである)が悽愴な印象を残す。現行の刊本としては、他にも「もう一人の私」「鶴」「嫗の幻想」といった幻想短篇が収録されている、講談社文芸文庫の『鬼火・底のぬけた柄杓』[bk1][Amazon]がお勧めである。

 映画版『鬼火』は、東宝が昭和30年代に文芸作品を45分ほどの短篇として映画化する<ダイヤモンド・シリーズ>の一篇として制作したもの。原作は上記の文庫版でわずか9ページ、そのままでは45分の映画にもできないので、ずいぶん脚色されていた。

 まずタイトル前に、次のような字幕が映し出される。

  気の毒なのは
  此の人たちの運命であった
  世間にはふとしたことから
  その人の一生を
  左右することが
  ありがちだ……
        ──作者──

 これが本当に吉屋信子の言葉なのかどうかは疑わしい気もするけれど、ともかくこのように映画版では、この物語が平凡な人間がふとしたことで誘惑に負け、道を踏み外したために起きた悲劇であることが強調されているのである。

 原作ではただ嫌な奴だった主人公のガス集金人は、この映画では憎めない小心者である。その人となりを伝えるために、他の集金先での出来事や、同僚や下宿先のお上さんとの交流といった原作にはないエピソードが付け加えられており、加東大介が難しい役どころをユーモラスに演じている。また、原作では一切描写されなかった夫婦側の視点も導入されていて、ガス集金人の要求を容れて決死の覚悟で出掛ける妻と、それを解っていて見送る夫といった愁嘆場が繰り広げられる。

 こうした脚色のために映画版『鬼火』は、引き締まった怪談の趣がある原作と較べると、やや冗長なメロドラマになってしまっている感は否めない。しかしながら、主人公の複雑なキャラクターを巧みに表現している千葉泰樹監督の手腕と加東大介の好演は否定してしまうには惜しいし、そのおかげで結末のショックがいっそう増しているとも言えるのである。伊福部昭によるおどろおどろしい音楽の効果もあって、鬼気迫るクライマックスもなかなかのものだった。地味な短篇映画なのでビデオやDVDになることも望めなさそうだし、今回のような有料放送以外での鑑賞は難しいと思うが、もしも機会があれば一見の価値はあるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »