« 購書備忘録2005その23『ブライズデイル・ロマンス』 | トップページ | 購書備忘録2005その25『M3ハーフトラック1940-1973』 »

2005/04/19

購書備忘録2005その24『東京の幽霊』

 仕事で難波に行ったついでに、古書店を何軒か冷やかした。収穫は1冊のみ。

源氏鶏太『東京の幽霊』(1974,文藝春秋)
 源氏鶏太というと、サラリーマン社会を舞台にしたユーモア小説で一世を風靡した作家であるが、晩年に怪談ばかり書いていたことは、意外に知られていないのではないだろうか。作風としては、ほとんどが古典的な怨霊譚のようだが、流行作家らしく手堅い作りでハズレは少ない。
 本書は、怪談と普通の小説が混ざって収録されている短篇集である。源氏鶏太の怪談本については、 私などがとやかく言うより、土田裕之さんのホームページ《幻想文学館》内の「源氏鶏太怪談の部屋」をご参照いただいた方がいい。初刊本について詳細に書誌情報をまとめられており、たいへん参考になる。

|

« 購書備忘録2005その23『ブライズデイル・ロマンス』 | トップページ | 購書備忘録2005その25『M3ハーフトラック1940-1973』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73976/4129844

この記事へのトラックバック一覧です: 購書備忘録2005その24『東京の幽霊』:

« 購書備忘録2005その23『ブライズデイル・ロマンス』 | トップページ | 購書備忘録2005その25『M3ハーフトラック1940-1973』 »